精神的につらくなると虫の夢を見る…悪夢の対策が効かない

[投稿日] 2016年2月6日
[最終更新] 2016年11月16日

私はいわゆる夢診断はまったく信用していませんが、夢自体には関心があって、学生時代は夢日記をつけていたこともありました。夢日記というのはなかなか難しくて、日記を書く行為は意識がある程度覚醒していないとできないのですが、意識の覚醒と反比例して、先まで覚えていたはずの夢が急速に霞がかってしまい、何も思い出せなくなるのです。夢の舞台に暗幕がストンと落ちるような感じで、本当に、ものの2秒で思い出せなくなりますから、まったく不思議なものです。

スポンサーリンク

しんどいと悪夢を見る

基本的には覚えていられないのが夢ですが、比較的覚えやすいものがあります。悪夢です。特に夢から覚める直前の1シーンは強烈に脳に焼き付いて離れません。私が人生でもっとも辛かった研究室時代などは本当に悪夢の連続で、その後は比較的落ち着いていたのですが、最近精神的に負荷がかかっていることもあってか、またよく悪夢を見るようになりました。

これまでの悪夢対策

いろんなひとの話を聞いていると、人によって悪夢には傾向があるように思いますが、私の場合は虫の夢が多いようです。これが本当に困ります。もともと私は悪い夢を見ることが多く、夢に関心をもったのもいかにして悪夢から覚めることができるか、というのが一つのテーマでした。一番古い悪夢の記憶は小学一年生の時に見たおばちゃんに追い掛け回される夢なのですが(とかくとコメディカルですが滅茶苦茶怖かったんですよ!)、このとき、まばたきをすると比較的夢から覚めやすいという経験則を実践した覚えがあります。まぁでも、覚めて欲しい夢の時に限ってなかなか覚めないので、まぁこの経験則はあまり役に立ちません。

後年、私は自分なりに悪夢への対応策を確立しました。それは行動です夢だと気づきしだい、破天荒な行動に出る、というものです。すると、事態が急激に変化する。これは少なくとも私には劇的な効果があって、怪物に追いかけられる夢を途中から華麗にスルーしたり、一度などは、ゾンビに街を支配される映画のような悪夢(文字にすると愉快ですが、これも怖かった)をピンク色の夢に変えたことがあります!

ただ、夢の中で夢と気づく、ということ自体が人によっては難しいそうですね。明晰夢などと言ったりするようですが、確かに自覚的に夢の中で夢と気づく訓練がいるかもしれません。夢日記を書いていた私は、知らず知らずのうちにそういった訓練ができていたのでしょう。ところで、私は夢の中で「これって夢?」と聞いたことが二度ほどあり、一度は「夢だよ」と言われ、一度は「夢じゃないよ」と言われました。どちらも腑に落ちなかったことを覚えています。意味がない行為でした。あと頬をつねると痛かったです(夢の中では擬似的な感覚がある)。

個人的には、現実か夢かわからなくなったらまず夢だ、という認識を持つようになって、夢と気づくことが増えました。幸い、起きている間に本気で夢かどうかわからないと感じたことがない、という経験に基づく判断基準です。

夢を自覚する行為は、以前日経サイエンスか何かで悪夢で悩む人のセラピーとして活用されている、というような記事を読んだ覚えがあります。けっこう、普遍的なことなのかも。悪夢に悩まされている人は実践してみるとよいかもしれません。

対応できない虫の夢

前置きが長くなりましたが、悪夢と縁深い私は昔から悪夢対策を自分なりに講じてきたわけです。しかし、この虫の夢に関しては、どうにも対応ができない。夢と気づく間もなく、虫に襲われておしまいです。特に前述した研究室時代は本当に酷くて、全身にナメクジや芋虫が沸いて出て、払っても払っても涌き続ける夢や、巨大な芋虫のいる部屋に閉じ込められて、まもなく大量の小さな芋虫が天井から振ってくる夢など、まるで薬物中毒者のような夢を見ました。研究室に泊まった時、あまりの夢に大声を上げて、一緒にいた友人を驚かせたことがあります(しかも私は叫んだことに気づいていなかった)。あまり悪夢が多いので、眠いのに寝るのが億劫なこともありました(だいたい悪夢は続けて見ることが多い)。

そういったひどい夢とは最近ご無沙汰だったのですが、ここのところちょくちょくとまた虫の夢を見ることがあります。今、精神的な負荷がかかっていることは自覚しているので、ある意味仕方ないかもしれません。とはいえ、大量の虫が自分の身体に群がるような直接的なものではないので、幾分マシです。

冒頭で述べたように、私は夢診断を信じませんので、この虫は〜〜を象徴し、などと考える気は毛頭ありません。しかしながら、何かしらの精神的負荷をトリガにしているだろうことは理解しています。悪夢を見ない方法は精神的に落ち着く以外になく、それはどうしようもないことですから、悪夢を見ないよりは、悪夢を見てもどうにかするような努力のほうが実りがありましょう。しかし、この虫の夢ばかりはどうにもできていません。まぁ、時が経ち環境が落ち着くのを待つしかないといったところでしょうか。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。