4年以上データ専用SIMのみでやっているが、音声付きSIMに乗り換えるか悩んでいる

世間では格安SIMとして名が通っているMVNOだが、なんだかんだで使っている人はあまり見ない。それは便益を考えてというより、結局のところ既存のサービスでもまぁいいかと思っている人が大勢いるからではないかと思う。

が、少なくとも僕は大手キャリアのサービスとコストのバランスに納得していない。だからMVNOを使うようになり、電話は050でのみ行うようになった。もう4年以上前のことだ。いくつかの不便はあるものの、まぁそれでも十分であるし、そのうち時代が追いつくであろう……なんてことを思っていたのだが、最近はまた音声機能付きSIMにしようか、なんてことを悩んでいる。

“4年以上データ専用SIMのみでやっているが、音声付きSIMに乗り換えるか悩んでいる” の続きを読む

食洗機を使うと食器洗いをしない人でも食器を洗うようになる、かもしれない

また食洗機の話で恐縮なのだが、実際のところ僕にとって今年一番の買い物が食洗機だったのだから仕方がない。いや、まだ2019年の上半期を過ぎたところではあるけれど、下半期でこれを超える良い買い物ができる気がしない。それくらい食洗機は今や僕の生活にとってなくてはならないものになった。

食洗機のよいところは「食洗機を買うか悩んでいる人は、不要派の言葉に耳を傾けなくて良い – 或る阿呆の記」の記事で色々と書いたのだが、今はこういった各論は些末なことだと感じている。それより大事なことは、食洗機は食器洗いという家事そのものに対する心理的な抵抗感をなくすこと、だと思う。

“食洗機を使うと食器洗いをしない人でも食器を洗うようになる、かもしれない” の続きを読む

高騰する医療費と減少する就労人口、先はないのだろうか。みんな幸せに生きて死にたいだけなのにね

2017年度の医療費は42兆円だったらしい(昨年度の医療費、過去最高42.2兆円 2年ぶりの増加:朝日新聞デジタル)。さらに、2040年度には66.7兆円までいくという内閣府の試算がある(2040年度の医療費、66兆7000億円、政府推計|医療維新 – m3.comの医療コラム)。もちろんこの医療費は国民皆保険制度の下、国民から徴収されている。まぁ実質的に税金。

一方で、少子化の影響から労働人口は現象を続け、2040年度には2018年度の6500万人から5600万人に減少する見込みだ。つまり保険料や税金を収める人たちが減るわけで、このままいけば破綻するんでは?と思ってしまうのも当然だと思う。さらに5600万人のうち、5人に一人が医療関係の仕事につくという。つまり、就労先の最大手だ。これはなかなか絶望的じゃなかろうか。

“高騰する医療費と減少する就労人口、先はないのだろうか。みんな幸せに生きて死にたいだけなのにね” の続きを読む

金の話が嫌いなエンジニアの資産運用

金の話好きですか?きっと嫌いでしょうね。嫌いとは言わなくても、好きじゃないでしょうね。いや、好きならいいんですが。

少なくとも、僕は嫌いでした。金の話するやつは全員死ねばいいと思っていました。今も実はちょっと思っている。なので、こんな記事を書いている僕は死ねばいい。でも死ぬわけにはいかない。生きなきゃいけない。生きるには金がいる。人生のどこかで、誰しもがその事実に気づく。僕は20代の後半にならないと気づけなかった。気づけただけよかったと思う。

このサイト初めてもう7年近くたつわけですが、初めてお金、というか、資産運用の話をしようと思います。それは人生で必要なことだからです。

“金の話が嫌いなエンジニアの資産運用” の続きを読む

Amazon Freshでの買い物が翌日に家計簿サービスに反映されるのは感動的だ

東京に越してきて早一年半、勉強会が豊富にあることを除けば、もとより出不精の自分にとって都内に住んでいいことなんてあまりない。どうせ買い物のほとんどはネットで済ませている。

しかし一点、これはすごいと思うものがあって、それはまぁAmazonのネットスーパー的サービスであるAmazon Freshだ。これは関東の一部でしかないサービスなのだが、Amazon Freshの利用明細が、マネーフォワードに反映される様が、感動的なのである。

“Amazon Freshでの買い物が翌日に家計簿サービスに反映されるのは感動的だ” の続きを読む

Dropboxのスクリーンキャプチャ共有機能の痒いところに手が届いた感じ

オンライン・ストレージサービスにも色々あるけれど、やはり何と言っても素晴らしいのは老舗のDropboxだろう。基本となるファイル共有機能が非常に安定しているし、ご削除したデータの復元機能まであるし、Macの濁点が一文字として扱われてしまうのを修正してくれるなんていうマニアックな機能まである(多分これに対応しているのはDropboxだけだと思う)。それと僕が気に入っているのは、スクリーンキャプチャを自動的にjpeg変換して共有フォルダに移動してくれる機能だ。地味ながら嬉しい。

“Dropboxのスクリーンキャプチャ共有機能の痒いところに手が届いた感じ” の続きを読む

キャッシュレス決済が使える店が増えてほしい

ここ半年くらい、PayPayがしかけた100億円あげちゃうキャンペーンを皮切りに、バスに乗り遅れるなとばかり各社キャンペーンを打ったり慌ててアプリをリリースしたりしている。が、各社の思惑とは裏腹に、未だバスを遠巻きに眺める人のほうがまだまだ多いようだ。不思議なものである。自分などは、飲食店を選ぶ際には、キャッシュレスの決済手段に対応しているかが重要なのだが、そういう人は少ないらしい。

“キャッシュレス決済が使える店が増えてほしい” の続きを読む

バーンダウンチャートがバーンダウンするまでの半年間の苦闘の軌跡

見よう見まねで始めたアジャイル開発は、苦難の連続でした。最大でもせいぜい5人程度の少人数のチームだというのに、まったくまとまらず、チームは崩壊寸前(正直言って今もいつ壊れるかわからない)。

それでも、頑張って続けました。そして苦節半年、スプリントのバーンダウンチャートが、ようやくバーンダウンしたんです。感動です。そして、なんとベロシティも出せました。当たり前?いや、これが全然できなかったんです。本当につらかった。

本記事は、とある開発チームが紆余曲折を経てそれなりのチャートを描くようになるまでの、血と汗と涙の軌跡です。

“バーンダウンチャートがバーンダウンするまでの半年間の苦闘の軌跡” の続きを読む

食器洗浄機は乾燥機能付きにすればよかった

この前に食器洗浄機を買ったという記事で、概ね満足している旨を書いた(「一人暮らし用の食洗機を購入した。生活を便利にするテクノロジーは素敵」)。まぁその時の感想から特に変わっていないのだが、一つ思うのは、乾燥機能はつけておけばよかったなぁ、と。

“食器洗浄機は乾燥機能付きにすればよかった” の続きを読む

2018年分の確定申告を終わらせた。ビットコインで損したことを報告しないとね

あの使いづらさを煮詰めたe-taxを乗り越えて、なんとか2018年分の確定申告を終わらせることができた。2018年は暗号通貨の暴落が続いた年で、ビットコインの売り買いをしている自分はそれなりに損失を出してしまったのだが、FXは多少利益が出ていて、それらは区分が違うために損益通算の対象とはならないから、いくらかの税金を納めなくてはならなかった。まぁそれはそういうシステムだから現状仕方ないとしても、暗号通貨の税制はなんとかしてほしいし、e-taxは本当に本当になんとかしてもらいたい

“2018年分の確定申告を終わらせた。ビットコインで損したことを報告しないとね” の続きを読む