お名前.comのメールをiPhoneで使う設定をして、Temporary authentication failureが出た時の対応

お名前.comのメールアカウントの設定で、POPサーバーの設定をした時に、「Temporary authentication faulure」と出たときの対応。

結論から言うとデフォルトのポート番号に問題があった。iOS 11では995になっていたが、お名前.comでは110。ただ人によっては特に何も変えなくても自動的に110になっていたらしい……。
“お名前.comのメールをiPhoneで使う設定をして、Temporary authentication failureが出た時の対応” の続きを読む

おま環はよくあること

最近渋々ながらmac OS High Sierraを導入した。職場のiMacがHigh Sierraなので、それに合わせることにしたのである。覚悟はしていたものの、やはり色々とおかしくなるところもあって、クリーンインストールすれば治るだろうか、しかし面倒だ、他になにか打開策はないかと、色々調べ回っている今日この頃、”おま環”という言葉をよく見かけて、それが少し気になった。

“おま環はよくあること” の続きを読む

メールの大量配信について調べたメモ

現在携わっているプロジェクトが、大量のメールを捌く必要のあるシステムだった。それで、Amazonの提供するAmazon SESを使うのか、SendGridを使うのかなどという話になったのだが、あまり知らない分野で、話がよく飲み込めなかったので、初心者なりに色々調べた、そのメモ。調べてみると奥が深い。

“メールの大量配信について調べたメモ” の続きを読む

引っ越しの一括見積で電話攻勢に怯える

最近引っ越しをした。引っ越しの際、ネットで調べるとやたら引っ越し業者の一括見積を勧められる。今時はそんなものなのかと思い、軽い気持ちで一括見積を出したところ、その直後より普段沈黙を決め込んでいる私のケータイが怒涛のごとく鳴り始め、電話を何より恐れる私はそれから数日に渡って怯え続ける日々を送ることになってしまった。

引っ越しはゆうパックで済ませた。

“引っ越しの一括見積で電話攻勢に怯える” の続きを読む

J-COM in my roomの12Mプランが意外と実用的だ

新しく越したマンションでは、J-COMの12M(bps)のプランが無料で使えるようだった。無料というかまぁ、大家さんがまとめて払ってくれているのだろうが。その費用は結局公益費にかかってくるのだろうし、使わないのも損した気になるので、あまり期待せずに使ってみたところ、これが案外実用的であった。というか、ベストエフォート出たのに感動してしまった。

“J-COM in my roomの12Mプランが意外と実用的だ” の続きを読む

Yahoo期間限定Tポイントの使い道としての寄付

Yahooの期間限定Tポイント。特に買いたいものはないが、期日迫る。というか今日だ。どうしようかな……と思っていた矢先、寄付に使えることを知る。使途の限られる期間限定Tポイントの使い道としては良いかもしれない。寄付先について、もう少し色々わかるとよいのだが。

“Yahoo期間限定Tポイントの使い道としての寄付” の続きを読む

「何が起きるかわからないから…」そこをわかってほしいのだ

未来はいつでもわからない。だから、人は常に余裕をもったスケジュールを組むことが求められる。結果としてその余裕が無駄に終わったとしても、それを必要なことだと思えることが、大人になるための一歩だと思う。しかし、その余裕がどれくらい必要なのかは難しい問題だ。

“何が起きるかわからない”から余裕を見積もる。それは定性的には正しい。確定できない未来に対し、冗長性は必要だ。だが、どれだけ冗長する必要があるかは、その者の実力による。行き過ぎた慎重さは、思慮深さよりむしろ無知の証左に見える。

“「何が起きるかわからないから…」そこをわかってほしいのだ” の続きを読む

サーバー落ちは当たり前、仮想通貨取引所Zaifへの不信感

仮想通貨の取引所にも色々あるが、出来高からみて、国内ではCoincheck、Bitflyer、Zaifあたりが大手と言ってよいだろう。

現在国内の仮想通貨を取り扱う取引所でコレ!というところがないのが実状だ。ネット上の情報は汚染されていて、参考にならない記事が多いため、最適なところは自分で試して見つけるしかない。

私としては、どこも良し悪しでオススメできる取引所はないのだが、オススメしない取引所はある。Zaifである。

“サーバー落ちは当たり前、仮想通貨取引所Zaifへの不信感” の続きを読む

Googleの男女問題の文書公開で社員が解雇された事件についての雑感

Googleの元社員が、男性と女性は生物学的に(biologically)違うとして、Googleのダイバーシティ推進の方針を批判する社内文書を公開した。この問題は波紋を広げ、ついにはCEOまで出てくる事態に。男性社員は解雇されたとのこと。

男女論は全員が参加できる議論であるせいか、議論以前の非常に厄介な展開になることが多く、あまり関与したくない分野だが、閲覧者が男女比率9:1の当サイトを管理する者として思うところもあるので、雑感を書き留める。

“Googleの男女問題の文書公開で社員が解雇された事件についての雑感” の続きを読む