2017年もMac miniの新型出なかったらどうしようかどうしようもない

発売して間もないのに、早速MacBook Proの噂がまた聞こえてきますが、それにしてもMac mini、どうなるんでしょうね。ディスコンはいやだなぁは思いますけれど、かと言ってずるずると来週の淡い期待だけもたせられ続けられるのもつらいし、もうやる気がないなら、いっそ引導を渡してくれないかとさえ。

“2017年もMac miniの新型出なかったらどうしようかどうしようもない”の続きを読む

050のIP電話でPayPalやコンビニチャージなどプリペイド方式でチャージできる050 Free雑感

ブラステル|050 Free(050フリー) – Brastel

プライベートの電話番号と仕事用の電話番号を分けたい、ということで、ブラステルの050 Freeを契約しました。プリペイド方式なのが嬉しい。050 Freeを選んだ理由と、使ってみた感触をメモします。

“050のIP電話でPayPalやコンビニチャージなどプリペイド方式でチャージできる050 Free雑感”の続きを読む

MacのHomebrewでimagemagickを入れているとgem install rmagickが失敗するようになったメモ

最近、homebrewでimagemagickをインストールすると、imagemagickの7がインストールされるようになりました。rmagickを利用している場合、rmagickがimagemagick7に対応していないため、エラーが出るようになります。

この問題は既に議論され解決策が提示されています(Now RMagick 2.15.4 can’t be built with ImageMagick 7.0.x · Issue #256 · rmagick/rmagick · GitHub)。そのメモです。とりあえずbrew link –forceはやめよう。

“MacのHomebrewでimagemagickを入れているとgem install rmagickが失敗するようになったメモ”の続きを読む

Withings Activitéがまた止まったが、一晩たったら治った謎

Withingsのアナログ盤スマートウォッチActivitéがまた止まりました。前に電池を替えてからまだそんなに経過していないので、電池切れとも思えません。そもそも、電池が切れる前に、時刻が遅れるなどの兆候があるはず。それが突然止まりました。まいったなぁなどと思いつつ一晩立ってみると、いつの間にか復活していました。前もこんな感じだったような気がします。あまり安定しないのだろうか。

“Withings Activitéがまた止まったが、一晩たったら治った謎”の続きを読む

我が母、UbuntuがWindowsじゃないことに一ヶ月経って気づく!

還暦の母がLinuxマシンを使い始める – 或る阿呆の記」にて、母がUbuntuをインストールしたマシンを使い始めた顛末を書きましたが、それから一ヶ月半、ついに、自分が使っているマシンがWindowsと呼ばれるものではない事実に気づいたようです!きっかけはやはりオフィス周りでした。

もちろん最初からWindowsでないことは告げましたし、だから父は止めていたのですが、よくわかんないけどとりあえず使えそうだから使うみたいな感じだったのでしょう。まぁそのうち、否応なく意識せざるを得なくなるだろうとは思っていました。

でも、結果としてけっこう使えているんですよ。つまり、先入観さえもたなければ、問題ないということの証左じゃないでしょうか。わからないということは強みでもある。むしろ鬼門はオフィスよりもプリンタだろうか。

“我が母、UbuntuがWindowsじゃないことに一ヶ月経って気づく!”の続きを読む

WordPress: get_the_category()で取得した記事のカテゴリー一覧を、親のカテゴリーのIDに基づき並べ替える

WordPressでは、get_the_category()により、記事のカテゴリーを配列で取得できます。この記事では、属するカテゴリーが複数あるとして、カテゴリーの親カテゴリーのIDに基づき並べ替えます。

“WordPress: get_the_category()で取得した記事のカテゴリー一覧を、親のカテゴリーのIDに基づき並べ替える”の続きを読む

MacBook Air 2013 11インチ、使い始めて早3年半、ついに『バッテリーの交換修理』表示

バッテリーの警告表示

MacBook Air 2013 11インチモデルを使用しています。購入したのが2013年7月なので、もうかれこれ3年半使っていることになります。性能的には特に問題ないのですが、ついにバッテリーが劣化してきたようで、電源アイコンをクリックすると『バッテリーの交換修理』の警告が出るようになりました。

まぁとはいえ、何時間かは持ちますし、使い続けます。修理する場合は14,000円ほどのようです(「Mac notebooks 修理サービス料金 – Apple サポート」)。

“MacBook Air 2013 11インチ、使い始めて早3年半、ついに『バッテリーの交換修理』表示”の続きを読む