LPIC303合格体験記。勉強はPing-tオンリー

クラウド全盛の世の中、Linuxを業務で使うことはあまりない、というより使わないようにしているという方が正しいですが、LPIC Level 2の有効期限が切れかかっていて、まぁせっかくなのでLPICの上位資格の一つでも取っておこうかと、303を受験しました。セキュリティ系なら、得られた知見も多少活かせるところがあるかもしれないし。

勉強期間は半年、合計30時間ほど、勉強方法は漢のPing-tオンリーです。

“LPIC303合格体験記。勉強はPing-tオンリー” の続きを読む

LPIC 303の勉強で出てきた略語

いまさらLinuxでサーバーを頑張ってやることはまずないのだが、せっかくとった資格が失効してしまうのもなんとなく悔しいので、まぁ知識としてもっておいて損はないかというレベルで、LPIC 303の試験勉強をしている。

で、色々な略語が出てくるので、そのメモ。欧米人ほんとAcronym大好きだよね。

“LPIC 303の勉強で出てきた略語” の続きを読む

FFの絵を見たくてファンタジーアート展に行ったら、60万の絵を売らんとする営業トークのみだれうちを受けた

ゲームをしていると、とんでもなく無駄な時間を過ごしているのではないかという罪悪感に押しつぶされそうになる僕も、心の底からゲームを楽しんでいた時期はあった。もう20年ばかり前になるだろうか。

いつも遅刻ギリギリに登校する寝坊助の癖に、休日に早起きまでしてゲームをしていたあの頃の情熱を、もはや思い出せない。ただ行為として朧気ながら記憶に留めているだけだ。今の僕は、休日になったら資格の勉強をしたりAWSのオンライントレーニングを受けたりプライベートプロジェクトの開発したりするのに忙しいので、とてもゲームなぞする暇はない。ブログは書くけど。

そんな在りし日の僕が夢中になっていたゲームの一つが、FFことファイナルファンタジーだ。FFは僕にとってかけがえのない青春の思い出なのである。だから、初期のFFで原画を描いていた天野喜孝の「ファンタジーアート展」が近くで開催されると知った時、ひどく懐かしい気分になって、是非見たいと、休日にいそいそと会場に赴いた。

結果、60万の絵をめっちゃ営業された。営業トークの実地体験ができて勉強になりました。

“FFの絵を見たくてファンタジーアート展に行ったら、60万の絵を売らんとする営業トークのみだれうちを受けた” の続きを読む

「平等に貧しくなろう」は一つの考え方と思う一方それはそれとしてめっちゃ腹立つのはなぜか

思わず舌打ちしてしまった。

Twitterでちょっと前に軽く炎上していた、上野千鶴子氏「平等に貧しくなろう」の提言について、誰かが「人を苛つかせる天才」というような評をしていたが、自分もそうだと思う。なにせ苛つかせられたので 笑。

炎上の発端がどこなのかはわからないが、高村武義 #WalkAwayさんはTwitterを使っています 「若者に平等に貧しくなれといってる上野千鶴子は、外車を乗り回してる団塊金持ちだということは、もっと知られるべき。自分は高度成長期の繁栄を享受しておきながら、下の世代には繁栄を与えず、裕福な自分の生活は手放さない。その上で、上から目線で貧困になれと平然と言う。吐き気を催す邪悪だ。 https://t.co/beLNJaeq3A」 / Twitter かな。

元ネタは若干前(「「平等に貧しくなろう」という上野千鶴子氏の意見が正し過ぎる件について。 (1/2)を見ると4年ほど前の中日新聞か)のようだが、問題自体は今も抱えている、というより当時よりも差し迫った状況にあるので、これからも定期的に燃え上がるのではないかと思われる(参考「「平等に貧しくなろう」の上野千鶴子氏、タワマン生活で炎上。背景に団塊への怨嗟か | マネーボイス」)。

結論を先に言うと、上野氏がムカつくのは本能😂

“「平等に貧しくなろう」は一つの考え方と思う一方それはそれとしてめっちゃ腹立つのはなぜか” の続きを読む

AWS Lambdaのロギングを考える

ロギングをどうするかで困っていた。AWS Lambdaでは、プリント出力したものがCloudWatchに保存されてとても便利なのだが、考えもなしにとりあえずポンポン入れていたところ、確かに情報はあるので追えないことはないんだが、地道に時間にあたりをつけて検索するなど、非常に泥臭い作業が要求され、なにかとつらかった。

APIのコール回数など集計したいという要件も出てきて、重い腰をあげてロギングについて頑張って考えました、という話。

“AWS Lambdaのロギングを考える” の続きを読む

2021年もよろしくお願いします

さすがにもうあけましておめでたくもない時期になってしまいましたが、いまさらながら新年のご挨拶です。

なぜこんなにも遅くなってしまったかというと、年末年始はしんどくてとてもブログ記事を書ける体調ではなかったからです。しょっちゅう体の不調を訴えているような気がしますが、最近特に酷いような気がします。

自分の身体との付き合い方も、本格的に考えないといけない年頃なのだと思います。

“2021年もよろしくお願いします” の続きを読む

Touch Bar廃止は本当なら嬉しすぎる朗報

こんなニュースがありました。

14/16インチMacBook Pro、Touch Bar廃止、MagSafe採用か – iPhone Mania

それってつまり昔のMacBook Airでは?と思いつつあまりにも正しすぎる選択に感涙を禁じえません。ここ10年ばかりのAppleがもたらした画期的らしいインタフェースのほとんどは、自分にはまったく響きませんでした。無理矢理使ってみたけど、やっぱり使えないという評価です。指紋認証搭載とUSB Type-C全振りは素晴らしい判断だったと思いますが。無接点充電は可もなく不可もなし。

“Touch Bar廃止は本当なら嬉しすぎる朗報” の続きを読む

AWS Lambdaをデプロイした時のダウンタイム

AWS Lambdaをデプロイした時、ダウンタイムは発生するのかについて。

直接答えとなる記述をドキュメントで見つけることができていないのだが、AWSフォーラムの開発者による回答を見るに、新旧両方のバージョンが動作する時間はあるものの、ダウンタイム自体は理屈のうえではなさそう。

“AWS Lambdaをデプロイした時のダウンタイム” の続きを読む

Big Techによるトランプ追放運動は、やがてBig Techの規制に繋がるのかもしれない

トランプ追放運動というのは大袈裟かもしれないが、まぁそのように捉えてよいのではないだろうか。ホワイトハウスでの暴動事件に端を発した、Twitterによるトランプ大統領のアカウント凍結からの、さらにその過激な支持者御用達のプラットフォームであるParkerが、Google PlayストアとAppleストアから削除され、Web版さえAmazonのホスティングサービスから利用を停止された。Facebook(とついでにInstagram)もアカウントを停止しており、いわゆるGAFAが揃ってトランプ大統領とその支持者を自身のプラットフォームから弾き出した格好である。

個人的には民間企業に過ぎない彼らにその権利はあると思うが(とはいえプラットフォームには公共性があるとする判断もあるらしいので、法的にはもっと考えることがあるのだろう)、しかし今回のケースは、その力が巨大になりすぎないように法的な規制を加える論理的根拠になるかもしれない、とも思った。

“Big Techによるトランプ追放運動は、やがてBig Techの規制に繋がるのかもしれない” の続きを読む

react-native run-ios したら The following build commands failed:PhaseScriptExecution Start\ Packager と言われてこける

表題のとおり、react-native run-ios したら、The following build commands failed: PhaseScriptExecution Start\ Packager と怒られて先に進めなかった時のメモ。

結論を言うと、使いたいポートがnodeに使われていた。sunproxyadminなるプロセスとかぶっているらしい…killしたらとおった。

“react-native run-ios したら The following build commands failed:PhaseScriptExecution Start\ Packager と言われてこける” の続きを読む