ようやくiOS 10.2 でスクリーンショット無音化が可能に

[最終更新] 2016年12月27日

OSのアップデートで嬉しくなったのは久しぶりです。ようやく、iOSでスクリーンショット音を無音化させることができるようになりました。シャッター音自体も小さくなったようです。さすがに不満が大きくなったとみえます。売上にも影響があると判断したかな。それとも、ティム・クックが日本に来た時iPhoneで写真を撮られて「うるせぇ!」と思ったかな 笑。iPhone 7が出て、買おうかなぁと浮足立っていた私の目を覚ましたのは、iPadの凄まじいスクショ音でした。そういう人もそれなりにいたんじゃなかろうか。

スポンサーリンク

シャッター音が控えめ

シャッター音が少し控えめになったそうです。iOS端末のシャッター音は凄まじかった。ハードウェアの進化で音量が大きくなったのにくわえ、iOS 10で謎の音量アップというダブルパンチで、Apple自慢のスピーカーから、スクリーンショットのたびに耳を劈く稲妻のような爆裂シャッター音が鳴り響いていました。いくらなんでもおかしいと思った人は多かろうと思います。

シャッター音そのものの是非はあります。私はシャッター音は必要ないと考えていますが、別にあっても構いません。しかしながら、どれくらいの音量が適切かというのは、これはちょっとよく考えないといけないのではないかと、iPadをiOS 10にアップデートした時、強く思いました。

私はiPhone 7は手元にありませんが、iPad Air 2があります。これを使って試して試してみましょう……うむ、わかりません。相変わらずうるさいと思いました。iOS 10にしてからは、iPadでスクリーンショットもほとんど撮らないようにしていたので、忘れました。。。うーん、でもちょっと小さくなったかな?少なくとも、地割れでも起きたのかとは思わないし。

まぁ、皆が控えめになったというので、きっとそうなのでしょう(いい加減な……)。

スクリーンショットの無音化

それよりも、個人的にシャッター音より問題視していたのはスクリーンショット音です。これが消音できるのであれば、たいへんありがたいのですが……。さて、これは……素晴らしい!スクリーンショットの音が非常に音が小さくなり、また消音をオンにすると音そのものがでなくなりました!これは嬉しい。有難い。

OSのアップデートで喜びを感じたのは久しぶりです。

シャッターの音量も、せめてもう少し小さくなるとよいですね。あまり意味があると思えないので、消音できてよいと思いますが、それが難しいことであれば、せめてXperiaくらいの音量になると良いと思います。

これでまた一つ、iPhoneの穴が埋まりました。今使っているXperia Z3が使えなくなったら、次はまたiPhoneかな。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。