iPhone X雑感…確かに凄いが、いったいこれで何するものぞ

[最終更新] 2017年9月19日

日本時間2017年9月13日、Appleのスペシャルイベントが行われ、新型iPhoneやらなにやらが発表された。だいたい噂通りといったところか。唐突にMac mini取り出したら意外性で各メディアぶっ飛ばせるのに。意外性しかないとも言う。

購入予定があるわけではないが、今使っているXperia Z3がもしお亡くなりになってしまったら(あまり考えたくないが…)、次はまたiPhoneに戻そうと思っているので、最新機種の動向はやはり気になるところ。…iPhone Xのtouch IDの廃止は、吉と出るか凶と出るか……。しかし、iPhone X 256GB、14万円はさすがに高いなぁ。凄いのはわかるんだが、いったいこれで何をするというのか。

スポンサーリンク

iPhone雑感

今回の発表ではApple TVの更新もあったのだが、あまり興味が無いのでiPhoneについて見ていく。Xperia Z3からの買い替え候補だしね。

touch IDの廃止と顔認証

iPhone Xではtouch IDが廃止された。iOSデバイスのtouch IDは非常に気に入っていたので、iPhone Xでの廃止は残念だ。iPhone 8では残っているようだが、iPhone Xはこの先のiPhoneを先取りしているのだろうから、今後は無印のiPhoneでも廃止されるのかもしれない。

不安は大きいが、Appleが満を持して搭載したからには、きっと実用に足る性能を持っているのだろう。顔認証自体はAndroid端末で既に実装されている機能ではあるものの、その使い勝手には大いに不満があった。これに限らず、iOSデバイスの先進的とされる機能のほとんどはAndroidデバイスではどこかで実装済みであることが多い。だが、機能があるということと、それが使い物になるということは別。機能は先進的ではないかもしれないが、実用的なところがiPhone/iPadの素晴らしいところなので、期待したい。

5.8インチベゼルレス、ホームボタンの廃止

iPhone Xはベゼルレスで、筐体の大きさはXperia Z3とそんなに変わらないのに、画面が大きい。5.8インチはいいなぁ。OLED搭載。画面の綺麗さよりは省エネ効果に期待かしら。縦長の解像度も、スマホに向いていると思う。

ただ、ホームボタンの廃止は……どうだろう、touch ID以上に、吉と出るか凶と出るか。こればかりは、使ってみないとわからなさそうだ。わかりやすくて便利なんだけどな、ホームボタン。

ワイヤレス充電

iPhone8/Xでついにワイヤレス充電。今更感がすごいが、iPhoneが採用したことで、これまでどうにもマニアックな機能だった置くだけ充電が一般化されるだろうか。Nexux 7(2013)に実装された時にも期待したものだったが、結局尻すぼみだったものなぁ。一時期Qi対応のデジカメとかも揃えたけど、うまく充電されないとか、充電速度が遅いとか、色々不具合があったものだ……。

ウリというほどではないと思うが、防水を謳う製品でワイヤレス充電は大事だと思うので、良い機能追加だと思う。

しかし、本当の遠隔充電が実現する日は来るだろうか。充電できるほどの電磁波飛ばすって非常に恐ろしいが。。。

やたらすごいプロセッサ

プロセッサがたいへんなことになっている。iPad Proのマルチコア性能のベンチマークがMacBook Proのそれを超えたという記事を見て複雑な気分になったのはもういつの日か。高効率と高パフォーマンスの組み合わせで6コアってね……Mac miniにも分けてほしい。いったいタブレットやスマートフォンに、そんな高性能なものを乗っけて何をすると言うのか。

よく言われるように、人工知能やAR時代に向けた準備なのだろう。今現在は、Appleからこれといったアプリケーションは用意されていないようだが、この先を見据えての対応と思う。プレミアムモデルが2,3年で陳腐化するようでは悲しいものな。一般的な使い方に徹すれば、心配せずともハードウェアが数年で陳腐化することはもはやありえないが、このモデルを買う人は先進的な使い方をしたがる人が多かろうし。

逆に言うと、そうでもなければ今でも十分ではある。ついにOSのアップデートから切り捨てられたiPhone 5も、性能的には何も問題がない(画面が割れていなければ!)。私が今使用中のXperia Z3は2014年のモデルだが、これも2017年現在、性能的には問題なく使えている。一般的なアプリやブラウジング用途では、もはや壊れるまで問題なく使える時代になっているのだろう。Appleとしては、その一般的な使い方に人工知能やARを絡ませたいところだろうが、難しかろうな。

ということで、一言で言うと未来を先取りしたスペックだと思う。しかし、本当にそんな未来は間近に迫っているんだろうか?そうは思えないんだがなぁ。

お高い

やはりというかなんというか、プライスは相当なものである。256GBモデルで税込み14万円也とは中々豪気。私の愛機Mac mini 2012は、5年前に6万円で買ったのだが……いや比較にはならないのはわかっているが。当時は円高でやすかったしなぁ。いやそれでも、14万、今だって、通販ならMacBook Proの吊るしが買えるお値段。これはさすがに……。

買う?

前述したように、このプレミアムモデルは「この先」を視野に入れたモデルという感じで、今現在このモデルを買ったからといって、何か素晴らしいことができるようになるとか、そんなことはないだろう。サードパーティーに頑張ったアプリを作るところは出てきそうだが、まだまだ未知数。

恐るべきプロセッサ、OLED搭載、(恐らくは実用レベルで高精度・高速な)顔認証、そしてなんと言ってもiOSという安定したソフトウェアと超大で便利なエコシステム、確かに価格なりのスペックを持っているとは思う。だがそのスペックでできることが価格なりかと言われると、あまりそうも思えない

けれども、そんならiPhone 8にするかと言うと、ガジェオタ魂が理屈とは別に最高機種を買えと囁く。だいたいiPhone 8も別に安いわけではないしなぁ。といって旧モデルを買うのはつらいつらい。でもどうせ14万使うならMacBook Proが優先だなぁ……。

うーんつらい。今使っているXperia Z3が壊れないことを祈るばかりだ。最近パフォーマンスに影響が出るレベルで発熱が酷くなってきていて、危ない感じだが……頑張ってほしい。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。