Apple TV 第2世代をiOSデバイスからBluetoothで検出することはできない

[投稿日] 2016年11月1日
[最終更新] 2016年11月2日

いまさらApple TV 第2世代の話もないですが、ちょっとトラブルがあったので。表題のとおり、Apple TV 第2世代を、iOSデバイスからBluetoothで検出することはできません。これは第3世代以降の機能です。Appleのサポートページにもあります。

スポンサーリンク

ソフトウェア・アップデート6.1より

Apple TVはソフトウェア・アップデートにより、その機能を拡張することがあります。ネット上ではApple TV(第3世代/第2世代)がアップデートでBluetooth接続によるAirPlayが利用可能に、という内容の記事が散見されますが、これは正確ではありません。「Apple TV (第 2 および第 3 世代) ソフトウェアアップデートについて – Apple サポート」には以下の文言があります。

Apple TV ソフトウェア・アップデート 6.1
(略)
また、ネットワーク上でマルチキャストや Bonjour トラフィックがブロックされている環境や、AirPlay デバイスが異なるサブネット上にある環境において、AirPlay デバイスが Bluetooth で Apple TV を検出できるようになりました (iOS 7.1 以降が搭載された iPhone 4s 以降、iPad (第 3 世代以降)、iPad mini (初代または第 2 世代)、または iPod touch (第 5 世代)、および Apple TV (第 3 世代) が必要です)。

Apple TV(第3世代)が必要です、とハッキリ明記しています。したがって、従来どおり、iPhoneのようなiOSデバイスで、Apple TV(第2世代)をBluetoothで検出することはできません。これが仕様です。

念の為、Appleのサポートにも電話で聞いてみましたが、それで間違いないと回答されました。

Bluetoothのキーボードが利用できることなどから、Bluetooth自体は有しているでしょう。しかし、それをどのように利用できるのかはまた別の問題といえます。極端な話、Bluetoothモジュールを単体で購入して取り付ければ、なんでもBluetoothで自由自在に使えるようになるのかというと、そんなことはないわけです。

この話題について、しっかりと第3世代以降のことであると明記している記事もあります。一方、第3世代/第2世代のアップデートとしか書かず、それだけ見ると第2世代でも対応していると受け取ることができるような書き方の記事もあります。はからずも、そのサイトの情報サイトとしての質がわかる試験紙のような話題でした。やはり、大切なことは、公式情報にちゃんとあたることですね。

以上、いまさらな話でした。

余談:P2PのAirPlay

調べている際、個人的に興味が引かれたのは、「Apple TV (第 2 および第 3 世代) ソフトウェアアップデートについて – Apple サポート」にあるソフトウェア・アップデート7.0の以下の文言です。

Apple TV ソフトウェア・アップデート 7.0
(略)
P2P の AirPlay:お使いの Apple TV (モデル A1469 以降) に、ゲストの Mac または iOS デバイスからワイヤレスネットワークに接続することなく直接 AirPlay できます。

ちょっとびっくりしました。モデルA1469は第3世代の一部モデル名ですが、P2PでダイレクトにiOSデバイスからAirPlayできるとは……。「Apple TV(Model A1469)とiOS 8デバイスでP2P AirPlayミラーリングをする方法。 | AAPL Ch.」の記事に利用する方法が乗っています(対応デバイスも明記されていますね)。まずBluetoothでセッションを確立し、その後Wi-fiを入にする……要は、セッションの確立にBluetooth、データのやりとりにWi-fiを用いる、AirDropと同じのような感じと思われます。

P2Pでダイレクトに転送が出来るのは、面白い機能です。管理されないネットワークは夢があります。個人的には一度使ってみたい。Apple TVがあれば、その場でiPhone持っている人の画面を手軽にTV出力できる……使い所は非常に限定的っぽいですが、それだけにハマれば便利そうです。そうですね、たとえば……ほ、ホームパーティーとか……Oh, パーリーピーポー。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。