最近またAndroid版Apple Musicの調子が悪い…ダウンロードできない

またAndroid版Apple Musicの調子が悪くなった。勘弁してほしい。アートワークが表示されない。曲のダウンロードができない。再生はできたりできなかったり。再起動してもダメだし再インストールしてもダメだった。が、キャッシュを削除したら、なんとか繋がった。しばらく不安定だったが、その度にキャッシュ削除を繰り返すうちになんとか安定。愚痴。

スポンサーリンク

曲をダウンロードできなくなった

またか。Android版Apple Musicは、リリースされてしばらくはウンコだったものの、今年4月、バージョン2になってからは随分と良くなったので、だいぶ評価していたのだが、やはりまだまだ不安定らしい。

今回、急にiTunesライブラリのアートワークが表示されず、かつ曲がダウンロードできなくなった。ある時から突然である。Apple Musicの曲であれば、アートワークは表示されるものの、やはり曲のダウンロードができない。Apple MusicでもiCloudミュージックライブラリでも、ストリーミング再生はできたりできなかったり。

アプリを再起動したり、サインインしなおしたり、端末を再起動したり、アプリの再インストールまでしたりしたがダメ。色々調べたところ、Appleのサポートページに解決方法は書いてあったようで、「Android の Apple Music に問題がある場合 – Apple サポート」に従って、キャッシュの削除(とついでにデータの削除)を実行したところ、なんとかまたダウンロードが開始されるようになった。ああもう。

が、その後も不安定で、ダウンロードの開始がやけに遅い。開始すれば、曲のダウンロード自体は早いのだが……。また、曲数の多いアルバム(サントラなど)だと、途中でいったんダウンロードが止まるなどして、すべてダウンロードされるのにやけに時間がかかり、とても待ってられずダウンロードをキャンセルしなくてはならないことも(待っていても永遠に始まらなかったのではなかろうか…)。

ダウンロードをキャンセルできるならまだよくて、場合によってはダウンロードを開始します、から一向に進まず、しかも何故かダウンロード管理画面にも遷移できないので、アプリを再起動しなくてはならないこともあった。不具合が起きる度に、再起動とキャッシュの削除を繰り返し、なんとか今は落ち着いている。何時間も戦う羽目になってしまった。

大きな大きなApple MusicそしてiTunes

本音を言えば、Apple Musicなんて本当は使いたくないのだ。だが、Androidでは他に選択肢がない。それというのも、Androidの音楽プレーヤーでiTunesの読み仮名対応しているものが、Apple Musicしかないからである。もしあるなら本当に教えて欲しい……。

別にApple Musicだって、きちんと動いてくれさえすれば問題ないのだが、中々どうして、きちんと動いてくれない。あまりにも色々なことを一つのアプリにやらせすぎているんじゃなかろうか。

最近MS Windowsの標準ソフト「ペイント」が廃止されるという騒ぎで、それに対する失望の声にMS自身が驚き、存続を決めたというニュースがあった(「「MSペイント」廃止の可能性に失望の声 米Microsoftが存続を明言 – ライブドアニュース」)。MSからすれば、ペイント3Dが旧ペイントの上位互換であり、機能的に何の問題もないという認識なのだろうが、ペイントで必要十分というユーザーも多くいる。その向きからすれば、使わない機能など加えられても有難くなく、むしろUI がわかりづらくなり、安定性も落ちるのではないかという不安しかない。なんでもかんでも大きく高機能にすればよいというものではないと思うのである。

それにしても、年々使いづらくなっていくと言われ続け、Apple Musicなどというモンスターまで吸収したiTunesだが、それでも今なお使われているのは、色々な意味ですごい。

関連コンテンツ

関連記事

Android全般 の記事

iPhone/iPad の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。