iPod touchがディスコンにならず嬉しい

[投稿日] 2015年7月23日
[最終更新] 2016年11月9日

いまさらな話題ではありますが、iPod touch 第6世代が発売されました。なかなかパワーアップしており、iPhone5S以上iPhone6以下くらいのパフォーマンスであるようです。

スポンサーリンク

なかなかのパフォーマンス

グラフィックについては、解像度のためか一部iPhone6よりも高いベンチマークを記録しており、ゲームにうってつけだと、ある意味もっとも厳しい目をしているその筋からも概ね好意的に評価されています。Apple Onlineストアでは128GBがあるのも、iPod Classicのディスコンで発生しただろう難民を少し救っているはず。

値頃なiOSデバイス

円安の影響が大きいとはいえ、今やiPhoneは10万超えが当たり前になりました。そこへSIMが挿せないとはいえ、しっかりとしたCPUをもった小型のiOSデバイスを3万足らずから高くても53500円(128GB)ほどで手にいれられるのは有り難いことです。

私は現在iPhone 5をiPod touchとして使っていますが、もしこれが使えなくなった場合、iPod touchに乗り換えることで無難に乗り切ることができるでしょう。まぁいざその時になれば、多少高くともやはりiPhoneを、と思うかもしれませんが。iPod touchにないものとして、SIMのほかに指紋認証とGPSがあります。どちらもなかなかどうして便利なものです。

4インチが欲しい

iPhoneは現在4.7インチと5.5インチと、比較的大型のものしかありませんが、今後また4インチのiPhoneも復活するのではないかと言われています。私は手が小さく、4インチのiPhoneと5インチのXperiaを両方ともつかった結果、やはり4インチのデバイスが一つ欲しいと思いましたので、次のiOSデバイスもそうしたいところです。

もし4インチのiPhoneがでれば、値段のことさえ考えなければそれが一番良いに決まっています。まぁ、実際は考えないわけにはいかないので、選択肢としてiPod touchが出てきたのは心強いですね。

ところで、最近Raspberry Piをよくいじっています。iOSデバイスとの連携事例もよくあるので、これを使って面白いロボット工作などしたいなと思う今日この頃です。不器用なので電子工作はどうにも不得手ですが、Raspberry Piなら簡単な試作なら私でもあっという間にできてしまう。嬉しいことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。