なんだかんだで純正MagicTrackpad代替としてT651を使っている

[投稿日] 2015年9月2日
[最終更新] 2016年7月31日

MagicTrackpadの調子が悪くなって久しいです。ポインタがびょんびょんとアクロバティックに飛び回る現象が、常にではないものの時折くらいの頻度で起きます。買い替えなきゃいけないかなぁと思ったら、調べてびっくり1万円。たしか私が購入したときは6,000円足らずだったと思うのですが、円安の影響はここにもきていました。

スポンサーリンク

失敗したかなと思った純正品代替としてのT651の購入

考えてみれば、円高の頃から1.5倍程度になっているのですから、まぁそうなるかというところです。ガジェット好きとしては、1ドル120円は安すぎるように思えます…。

為替の話はさておき、私はLogicoolから発売されている、MagicTrackpadの代替となるT651を購入しました。こちらは純正の半額の5,000円程度で購入することができます。しかし、不勉強のため購入の後で知ったのですが、この機種はMacユーザーのほとんどが使っているのではないかとさえ思われる、便利なタッチジェスチャーの設定ソフトBetterTouchToolが使えません。それで、私はたいそうガッカリして、「Mac用トラックパッド T651 購入。BTT使えなかったのですね… : 或る阿呆の記」のような記事を書きました。逆に言うと、BetterTouchToolを使っていなければ、まぁ純正のものとだいたい同じように使うことが可能だろう、ということです。

BTT無しでも意外と使えている

せっかく購入したデバイスですが、お蔵入りとなるかな、と思いきや、けっこう使っています。少なくとも、購入してから約二週間、今のところは使っていますBTTが使えないのは確かに辛いと思うことは確かにあるのですが、だいたいキーボードショートカットでもまぁよいかなぁと思える程度です。これは、自分にとって意外でした。もっとストレスフルに感じるのではないかと思っていました。しかし、現実にはそれなりに便利に使えています。うーん、意外と、なければないでまぁいいと思えるものだったのかな、BetterTouchTool。もちろん、あったほうがいいんですけどね。

挙動はやはり純正とは違う

挙動については、やはり純正と使い比べるとやや違和感がありますし、特にスクロールで初動に入るのがやけに遅くひっかかりを感じるというか、なにか重さを感じます。少しだけ動かしたい、という時には不便です。また、ポインタが時折安定しないのは私の環境固有の問題でしょうか…。

必要なら買ってみてもよいかも

いずれにせよ、とにかく調子の悪い純正品よりはT651を選んでいるのが私の実情です。こういったインタフェースに関わるところは、無意識の間に自分にとって最適な選択肢を選ぼうとするものですから、少なくとも第一印象よりは私にとってT651が使えるものである、と判断していることは事実でしょう。なにしろ純正品とは現在5,000円の差額がありますか。MagicTrackpadが高いのでT651の購入を考えている人は、一度検討してみてもよいかもしれません。もちろん、BTT無しじゃ生きていけない、という人はNGですが。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。