macOS Catalinaをクリーンインストール

[最終更新] 2019年11月1日

MacBook Air 2013にmacOS Catalinaをクリーンインストールした。最初はアップグレードしていたのだが、Xcodeのバージョンが何度やっても上がらないとか、挙動が遅いとか、色々と気になるところが出てきて、結局クリーンインストールした。

スポンサーリンク

クリーンインストール

クリーンインストールの手順自体はいつもと同じで、Cmd + Rを押しながら電源を投入してリカバリーモードにうつり、既存のボリュームを削除してインストール……なのだが、Catalinaからまた構成が色々と変わったらしく、少し戸惑った。

Catalinaでは、「macOS 10.15 CatalinaではシステムボリュームがRead-Onlyになり、アプリはユーザーデータのみにアクセス可能に。 | AAPL Ch.」の記事タイトルにあるように、Read-Onlyの領域ができるようだ。具体的には、Macintosh HDといういつものボリュームの他に、Macintosh HD – Dataという見慣れないボリュームが作られる。

mojaveからのアップグレードならば特に意識しないと思うが、自分の場合は既にいったんCatalinaに上げていたので、この見慣れないボリュームの扱いに戸惑った。まぁ壊れはしないだろうと適当にインストールを進めたら、以前のデータのボリュームを残したままのアップグレードなってしまった。まぁ再度リカバリーモードを立ち上げて、以前のDataボリュームを削除すればよいのだが。

クリーンインストール後

クリーンインストール後は、各種アプリケーションのインストールだ。昔はこの手の作業もそれなりに楽しかったが、今となってはただひたすら面倒臭い。しかしこの作業を通じて、もう使わなくなったアプリケーションの判断などもできるので、まぁ一年に一度の棚卸しだと思って頑張ることにする。

環境設定

一通りの環境を設定する。

  • インターネットアカウントの設定
  • キーボードでキーリピート速める
  • キーボードでスマート引用符とスマートダッシュを使わないようにする
  • スクリーンショットと収録のオプション、をShift + Cmd + 5からShift + Cmd + 2に切り替える
    • Skitchのショートカットと重複するから
  • トラックパッドでタップでクリック、ポインタ速度速める
  • アクセシビリティからトラックパッドの3本指ドラッグ解禁
    • 何故これがデフォルトじゃないんだ
  • ファイアウォールを「入」にする
  • FiraVaultをOnにする
  • 「このMacについて」→「ストレージ」→「管理」で「ゴミ箱を自動的に空にする」

App Storeからインストール

App StoreにあるものはApp Storeから。アプリ、だいぶ軽くなったよね。

  • Xcode
  • iWork(Pages, Numbers, Keynote)
  • GarageBand
  • ForkLift
    • 2画面ファイラ。Terminalで開くショートカットがとても便利
  • CotEditor
  • Go2Shell
    • FinderにカレントディレクトリをTerminalで開くアイコンを追加できる
  • LanScan
    • LAN内のデバイスをスキャンできるGUIソフト。地味に便利
  • Pixelmator
  • Readkit
    • RSSリーダーとして。色々不具合あるけど使っている
  • Stuffit Expander
  • PopClip

Webから

クラウド系は以前より台数制限が厳しくなってきた。

  • Dropbox
    • 台数制限がついたのでノートには入れない
  • Google ドライブ
  • Google 日本語入力
  • Google Chrome 久しぶりに入れるとけっこうな拡張機能が死亡している
  • Evernote
    • ベーシックプランは2台…まぁ続いてくれているだけ正直有り難い
  • Skitch
    • なんだかんだ言ってちょっとした編集には便利
    • もはやEvernoteより便利かもしれない
  • Calibre
  • Simple Comic
    • 更新止まって久しいけれど、Mac用の漫画ビューアっていまだにこれが一番なんじゃなかろうか…
    • 検索すると変なサイト出るけど本家は「Dancing Tortoise | Simple Comic」GitHubにソースもある
  • Visual Studio Code
  • Avast
    • まぁお守りみたいなもんだな…
  • BetterTouchTool
    • 2019/01/03 永続ライセンス買った。Gmailのメールなくしたかと思って焦った
  • Clipy
  • Menumeters
  • Karabiner-Elements
  • Station
  • SourceTree
  • VirtualBox

Homebrewから

  • unzip
  • unrar
  • emacs
  • bash
  • wget
  • gnuplot
  • octave
  • pandoc
  • cliclick
  • youtube-dl
  • peco
  • fish
    • ほとんどコマンドの補完のためだけ

Python3

venvで普段使い用の環境を切ってから。pipをアップグレードしつつ。「pythonのpipで入れているもの – 或る阿呆の記」を参考に。

細かな設定

  • NASの設定(「MacとReadyNAS 104の通信速度が遅い時の対処法(SMB)」)
  • sshの設定
  • .bash_profile パスの設定、履歴数、rbenvの変数設定など
  • .bash_aliases
  • ターミナルの設定
    • monaco 12pt.
    • 背景黒
    • Optionをメタキー
    • 終了時にタブを閉じる
  • 自分用binディレクトリのソフトリンクとパス設定

すごく許可を求められる

Catalinaにしてからものすごい許可を求められる。端末でDownloadsディレクトリにcdするだけで求められる。何から何まで求められる。これは必要なことなのだろうか……。なんだかもうよくわからない。

仕方のないことなのかもしれないが、Macはどんどん厳しくなっているな。SIPのおかげでiTunes(あ、もうなくなったか)の設定一つ変えるのも苦労したし、なんだかなぁという気持ち。ハードウェアもやけに高いし、Touch Barはどう考えてもいらないし、最近はWindowsも熟れてきたし、Chromebookも面白いし、Mac離れできないものかと画策している。でもなんだかんだで使いやすいんだよなぁ。まいった。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリーMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。