Mac mini Late 2012 をFusion Drive化するか悩ましい

[投稿日] 2015年7月6日
[最終更新] 2016年7月24日

2016/07/24 追記:Fusion Drive化しました→「Fusion Driveの感触…オススメできる人、できない人 – 或る阿呆の記

最近 Mac mini の容量が少なくなってきたので、なんらかの対処をしようと考えています。256GBのSSD単体です。容量を増やすか、あるいは中身を整理するかです。

スポンサーリンク

容量を増やす

容量を増やす場合、選択肢は3つあります。より大きな容量のSSDに置き換えるか、もう一つSSDを加えるか、HDを加えてFusion Drive化するか、です。

500GBのSSD…予算2万円ほど

より大きな容量のSSDに置き換えるのは、もっともシンプルで実効性が高く、かつ有用な選択肢といえます。パフォーマンスの低下を心配せず、使い勝手にこれまでと変わるところはありません。SSDの値段も期待されていたほどではないとはいえ、少しずつ熟れてきてはいます。2015年7月現在、500GBクラスのSSDは最安のものであれば20000-230000円ほどで購入することができます。二万円切ることも珍しくないようです。予算として安くはないが高くもないといったところです。また、現在入れている256GBのSSDが手元に一つ浮きます。母のノートPCにでもセットしてあげたら、早くなって喜ぶかな…。外付け化するのも一手ですが、まぁ使わないでしょうし。

SSDの追加…予算1万7000円ほど

SSDを追加するのも一手です。この場合ケーブルを購入する必要があります。だいたい5000円ほどでAmazonで売られています…2000円程度の安いものもありますが、サブマシンならともかくメインマシンですから、ここはケチるところではないでしょう。しかしながら、120GBクラスのSSDは今でも10000-14000円ほどかかるので予算としては先の512GBのものと差があまりありません。となれば、物理ディスクが二つになることで使い勝手にも変化があるでしょうし、あまりよい選択肢とは言えないでしょう。

なお、ケーブルには下段ベイ用と上段ベイ用があります。どうも初期型は下段についているので上段ベイ用のものが必要で、後期型は上段についているので下段ベイ用のものが必要なようです。自分のMac miniがどちらのものであるかは、「ディスクユーティリティ」より接続IDを確認すると、LowerとかUpperとかあるので、それでわかります。私のものは初期型で、Lowerでした。

HDの追加…予算5000円ほど、サーバー機能追加なら+2400円

現在もっとも有望な選択肢であると考えているのが、HDの追加です。HDは元々Mac miniに入っていた1TBのものがあるので、ケーブルのみ購入すればよく、ケーブルは5000円ですから、予算としては比較的安価です。現在1TBのHDはSSDを購入してきたときにキャンペーンでついてきたキットでポータブルHD化していますが、MacBook Airのバックアップ用途くらいにしか使っておりませんので、まぁよいでしょう。MacBook AirのバックアップHDはどうなるのかという問題もありますが、Mac miniにServer機能を追加すれば、TimeMachineサーバーとしてMacBook Airのバックアップも行うことができます。ServerはApp Storeで2400円ですから(円高時代は1700円でしたが)、これを購入したとしても予算は7000円程度でおさまるわけで、他の選択肢と比べるとたいへん安価に済みます。

しかしながら、パフォーマンスの低下が気がかりです。いかに工夫されたシステムでも、物理的にHDを介在させるわけですから、パフォーマンスの低下は避けられません。ネットで見受けられるFusion Driveの記事は、主にHDからFusion Driveにしたという人が多く、そういった人であれば従来よりもパフォーマンスは上がるわけですから、満足度は非常に高いでしょう。各種ベンチマークは、構成を考えるとあまり意味がありますまい。SSDからFusion Driveに変更し、かつ1年以上運用した人による使用感についてのまとまった記事というのはなかなか見つからず、果たして実際に使ってみてどうなるか。お金をだしてパフォーマンスが下がるというのは、結果によっては後悔することになりそうです。

でもこれ、面白いですよね。2014年版を見る限り、もはやMac miniにも拡張性は期待できないでしょうから、恐らくは最後の自作的お遊びとして単純にやってみたいという気持ちがあります。

整理する

あまり面白いものではありませんが、予算がかからずかつ今すぐできて現実的な方法としては、整理があります。といっても、不要なファイルは既に削除していますから、現実的には、常時繋げている外付けのHDに一部アプリケーションを避難させることになります。

仮想マシンの避難

私の構成で現在もっともSSDを逼迫させているのは、仮想マシンです。70GBほど使用しています。これをHDに避難させれば、容量問題については解決ということになります。しかしながら、たまにしか使っていないとはいえ、仮想マシンはできればSSDで動かしたいところです。HDにしたとき、どれくらいパフォーマンスが下がるのか?一度やってみなくてはいけないでしょう。

気持ちは揺らいでいるがまずは検証か

あれこれと書いてきましたが、多分私は単純にFusion Driveにしてみたいのでしょうね。ここしばらくPC関係でほとんど買い物をしていないので、私のオタク心が満たされていません。とはいえ必要のないものに無駄に金を使うのも嫌ですから、まずは仮想マシンを避難させてみて、パフォーマンスがどうなるかの検証ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。