MacとWindowsで共用できるUS配列なキーボードを探す旅

自分は今、デスクトップでMac miniとWindowsマシンの二台を使っている。決して大きくはない机の上に、キーボードが所狭しと2つあるのはあまり良いものではないので、できれば一つのキーボードを共有したい。

で、自分はコンパクト志向なので、できればテンキーレスのものが良いし、ケーブルはもちろん専用のレシーバも必要としないBluetoothなデバイスに限る。さらに、キー配列はUS配列、というかMacのUS配列を模したものが良い。

……なかなか理想のものに巡り会えず、結局テンキーありのSATECHIのST-BWSKMSを購入した。まぁとりあえず使えている。しかし、私の旅は続く…。

スポンサーリンク

望むこと

  • MacとWindowsで共用できる(マルチデバイス)
  • 無線
  • US配列
    • JIS配列が絶対嫌ってわけじゃないんだけれど…
  • キーストロークは浅めがいい
  • 安っぽすぎるのはいやだ
    • 別に高級機種じゃないといけないということはないが、さすがに1,000-2,000円くらいで売っているスマホ用モバイルキーボードは却下
  • できるだけコンパクト(テンキーレスが望ましい)

まぁつまり、AppleのMagicKeyboardがWindowsともマルチペアリングできたら最高の言うことなしなんだけれど、実際にはそうなっていないので、なにか別のものを探す必要があるわけだ。

WindowsとMacの両方で使うことを考慮したマルチペアリングできるUS配列のコンパクトなキーボード……これがもう全然ない。本当にない。結局希望通りのものは見つけられず、妥協してテンキーありのキーボードを久しぶりに購入することになってしまった。

自分のキーストロークの好みが浅めであることは、唯一の救いだった。深めのキーストロークのものは種類が少ないうえ高級機種になりがちで、選択肢が狭められるからだ。

キーボード好きには深めのストロークを好む人が多いように思うのだが、自分はペッタペタのキーボードが好きだ。手が小さいことも影響しているかもしれない(キーピッチも通常より狭いほうが好き)。自分がキーボードに目覚めたキッカケは、FILCOのメカニカルキーボードだったので、てっきり深めが好きなタチなのだと思い、3万円もするHHKBまで買ったのだが、その後Apple Wireless Keyboardを使ってみると、HHKBよりもしっくりときた。安っぽいパンタグラフ式のものも大いにアリ。でもすぐガタがくるからやはりある程度の質は確保したいので、安物はちょっと……といったっところ。

だから、Appleの純正キーボードが至高なんだけれどなぁ……iPad Proとの共用なんかを見据えて、マルチデバイスに対応……しないだろうなぁ。

SATECHI ST-KWS-BMS を購入

色々と探し回った挙げ句、SATECHIというメーカーのST-BWSKMSというキーボードを購入することにした。

  • US配列
  • キー配列はMac基調(Commandキーがある)
  • 最大4台のマルチデバイス対応
  • キーストロークは割と浅め
  • テンキーあり

テンキーありなのが、コンパクトを志向する自分にとっては残念なところだ(むしろそこがウリの製品なのだが…)。テンキーがあると机の幅をとり、マウスやトラックパッドの位置がとおくなるし、なによりも、ホームポジションに手をおいたときにアンバランスな感覚になる。うーん……。

デザインはMacを意識しているように見えるものの、どこか無骨な印象。安っぽくはないが、高級感もない。

使い勝手としては、まぁ悪くないのだが、キー入力が不安定な印象で、時折文字が連続して入力されてしまう。チャタリングがひどい。ちょっと、いやだいぶつらい。MacではKarabinerを使っている問題なのだろうか、とも思ったが、Windowsでも起きたしなぁ……うーん……。なにしろ機材が多いので、無線の問題かもしれない。しかし前のキーボードではこんなことはなかったし…。ソフトウェアの設定で解決出来る気もする。

あとファンクションキーがちゃんときかない。なぜだ。F7からF10はきいているっぽいのだけれど、F2からF6が怪しい。これがきかないと、ターミナルでbyobuを操作しているときに困る……。

キー配列がUS配列の中でもMac基調なのはやはり嬉しい。自分の場合は、WindowsでもMacと同じようにEmacsキーバインドを使いたい、英かな変換を一発でしたい、という欲求があり、これはこれで苦労した(「Windows 10 + US配列のMac系キーボードで英かな変換とEmacsキーバインド – 或る阿呆の記」)が、まぁやり方さえ確立してしまえば問題ない。

そしてマルチデバイス、これは思っていた以上に便利。MacとWindowsをストレスなくいったりきたりできる。なにげにFire TV Stickで使えるのも便利だった。

総合すると、決して満足はしていないのだけれど、当初の目的であったマルチデバイスは便利なので、当面は使い続けることになるだろうと思う。

他の候補

他の候補について。

まず、LogicoolのK780があった。安心と信頼のLogicoolであるし、マルチデバイス対応なのだが、国内に流通しているものはJIS型の配列なので、US配列のものはAmazon.comなどで個人輸入する必要があるうえ、やはりテンキー付きで邪魔。これだったらST-KWS-BMSのほうが良い。

  • テンキーあり
  • US版は個人輸入

他、同じくLogicool K811も候補にあがった。Mac基調でテンキーレスでマルチデバイスでおお!と思ったのも束の間、Mac、iOS専用と謳われているうえに、既に発売中止されているらしくプレミアがついている状況である(特に国内はひどい)。うーん。Windowsでも使えないことはないのだろうけれど、わざわざ他にK810があることを考えると、賭けに出るのもなぁ……。なによりプレミアが……。

  • 条件には合致
  • 多分Windowsでも使えるんだけれどサポートなしの不安
  • プレミアがついてしまっている

もっと安い価格帯である、K380も候補だった。だがこれも、K780と同じくキー配列がJIS。並行輸入品はやけに高く、Amazon.comで売られてはいるものの、個人輸入かーとか、あまり安いのも不安だしなーとか思い、結局候補から外してしまったが……。

  • US配列は個人輸入
  • モバイル用途

理想のキーボードを探す旅は続く

結局、条件に完全に合致するキーボードは手に入らずじまいだったので、今後も理想のキーボードを探す旅は続く。K811が適正な値段で国内でさらっと手に入ったら、そっちを購入していたかも……。

ってかしつこいけどAppleのMagic Keyboardでいいんだけれどなぁ。マルチデバイスに対応したら2万円でも即購入するんだけれどなぁ。まぁでもしないんだろうなぁー……。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

“MacとWindowsで共用できるUS配列なキーボードを探す旅” への2件の返信

  1. こんにちは。いつもブログを拝見しています。

    「キーボード沼」状態ですね。
    色々な条件がある上、浅めのキーストロークが好みとなると、
    ぴったりマッチするキーボードは少ないどころか無いですよね。

    AppleもキーボードのWindows対応は考えてないでしょうし、サードパーティにしても、
    モバイル機器全盛の昨今、PC用キーボードの開発が活発ではないのは残念です。

    そういえば、先日AppleがTime CapsuleをはじめとするWi-Fiルータをディスコンにした件はご存知ですか? ルータすらディスコンとなると、Mac miniも怪しいと思ってしまいましたが……
    何か思うところがあれば、記事にして頂けると嬉しいです。

    1. >John Appleseedさん
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      キーボード沼なんて言葉があるのですね…はは、確かにピッタリですね。
      Appleの純正キーボードは私の好みに非常に合致していて、これさえ対応してくれればといったところですが、まぁ、期待できんのでしょうね。

      timecapsuleの件は残念でした。うちは普通のNASを使っていましたが、最近はバックアップのやり方自体、考え直し中です。
      Apple製通信機器の経験といえば、昔職場でAirMacが動いていましたが、可愛らしい外見に似合わずキッチリ仕事してくれていましたね。

      Mac miniは相変わらず音沙汰なしですが、ついに来るかもという噂もありますし、MacBookProが思ったより頑張っていたので、私はちょっと期待しています。したい。
      けっこうMBPの購入を悩んでいるので、その絡みでそのうち記事を書くかなーという感じです。よければまたお越しくださいー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。