ALTERAのQsysでHDL生成したら Warning (20028): Parallel compilation is not licensed and has been disabled と警告された時の対応

[最終更新] 2017年8月1日

ALTERAのQuartus Prime Liteで、QSYSを使ってHDLコードを生成するとき、Warning (20028): Parallel compilation is not licensed and has been disabledという警告が出た。どうやら、TalkBackを有効化させないといけないらしい。

スポンサーリンク

状況

まず、環境は以下。

  • Windows 7 64bit on OSX 10.11(Parallels Desktop 10)
  • Quartus Prime Lite 15.1

Qsysを起動してパラレルI/Oポート(PIO)を追加して、HDLを生成すると、以下の警告。

Warning (20028): Parallel compilation is not licensed and has been disabled

HDLコード自体は生成できるが…。しかし、この後いざコンパイルすると、これに起因すると思われるエラーが出てしまいダメだった。

対応

Prime LITE incorrect license “definition”」によると、TalkBackを有効化させる必要があるらしい。

有効化の手順は以下。

  1. Quartus Primeを起動
  2. メニューバーより「Tools」→「Options」
  3. Internet Connectivity
  4. TalBack Options
  5. TalkBackをEnable(下図)
TalkBackを有効化

この後、HDLを生成すると、警告が消える。

現在CQ出版のMAX10評価基板を使っていじっているのだが、躓いている。Lチカにも苦労。先は長い。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリーFPGA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。