USB-Blasterのドライバーが見つからない時の対応

[最終更新] 2017年8月1日

最近FPGAに手を出した。ALTERAのMAX10である。早速使おうとUSB-BlasterにてPCと基板を繋いだところ、USB-Blasterのドライバーをインストールしているのにも関わらず、うまく認識してくれない。手動でドライバーのパスを指定してやると、うまくいった。

スポンサーリンク

状況

まず環境。

  • Windows 7 64bit on OSX 10.11(Parallels Desktop 10)
  • ALTERA MAX10
  • USB Blaster相当の機能を持つ基板

特殊な状況かもしれないが。

まずWindows 7 64bitは、Mac上で仮想化ソフトウェアParallels Desktop 10を使って起動している。FPGAはMAX10で、USB-Blasterは本物ではなく、CQ出版の企画物でUSB-Blaster相当の機能をもたせた基板(下図の上の基板)。

USB Blaster相当の機能

これをPCに繋ぎ、デバイスマネージャで確認したところ、USB-Blasterがあるということは認識しているものの、黄色のマークが出ており、ドライバーがないと言われる。もちろんドライバーはQuartusを導入したときに、一緒にインストールしている。

対応

USB-Blaster Driver for Windows 7 and Windows Vista」にしたがって、手動でドライバーをあてがう。ここではUSB Blasterの手順に則る。

  1. USB-Blasterのところを右クリックして、「ドライバー ソフトウェアの更新」
  2. 「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」
  3. 次の場所でドライバーソフトウェアを検索します、でパスを指定し、インストールする。私の場合は以下のパス。
    C:\altera_lite\15.1\quartus\drivers\usb-blaseter
    パスはQuartusのバージョンにより異なる。また、usb-blasterの下層にもフォルダがあるが、それは指定しない。「サブフォルダーも検索する」にはチェックを入れる

これでOK。デバイスマネージャを確認すると、認識されている。

USB-Blasterが認識されている

Quartus Prime Programmerでも認識されていることを確認。OK。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリーFPGA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。