Raspberry Piとかやり始めた時に知っておきたかった電子工作系のネットショップ

最近姉にRaspberry Piを買おうと思っているようで、ちょっとやりとりしたら妙にテンションが上がってしまった。

まぁそれはよいとして、Raspberry Piでなんちゃって電子工作みたいなことする時、最初に知っておきたかったなーと思ったネットショップのあれこれ。お店を知るのもお勉強?

スポンサーリンク

Amazonだけではなく

とりあえずAmazon!……でも良いとは思うのだけれど、わざわざRaspberry Piを使いたいと思ったということは、センサやらモータやらなんかゴチャゴチャつけたいのだと思う。であれば、どこかしら電子工作でよく使われるネットショップのアカウントは作っておいて損はない。どうせ必要になるので。

…あと、どういうわけかRaspberry Piをキーワードにすると、Amazonは怪しい業者が見受けられるので注意というかなんというか。まぁせっかくなので、色々見ていくと楽しめる。

マルツオンライン

電子部品・半導体パーツの通販 販売 | マルツオンライン

送料無料が3,000円以上でハードル低い。大物小物、デジタルアナログ、たいがい揃っている。バランスが良いと思う。

この界隈ではキレイなレイアウトだと思うのだけれど、それでも姉の印象は「ギラギラしている」だった 笑。自分がRaspberry Pi買うならここかなぁ。

秋月電子通商

秋月電子通商 トップページ – 電子部品・半導体 【通販・販売】

半角カナから滲み出る老舗感。送料は佐川が500円/個口、ヤマト運輸が600円/個口。ヤマト値上がりしている…まぁ仕方ないよね。運送屋さんもたいへんんだ。税込み10,800円以上で送料無料。

カーボン抵抗とかトランジスタとか、基本的な部品はここと次の秋月でよく買っていた。

共立エレショップ

【共立エレショップ】eleshop.jp:電子部品,半導体,キットの通販

共立電子。大阪日本橋にシリコンハウス。関西ではちょこちょことお世話に。送料無料が7,500円以上なのでちょっとハードル高い。でも電車代だと思えばね。秋月とここで、アナログ周りはだいたい揃う感じ。

スイッチサイエンス

トップページ – スイッチサイエンス

送料区分150と500があって、前者は3,000円、後者は10,000円以上で無料。まぁでも電子部品は小物が多いのでだいたい前者でおさまると思う。

割と新しいだけあって見やすい。Raspberry PiやらArduinoとかで使いやすい、デジタルなモジュールが多くて便利。この手のはどうしても輸入品が多くなってしまうけれど、全然高くないし、ほんと良心的だと思う。

aitendo

aitendo

送料490円。特価品が楽しい。9円の基板おひとりさま2つまで、とかスーパー玉出の1円もやしを思い出す。細かくカテゴライズしてくれているが、中には0件のものもあったりする(そういうのを見ると逆に落ち着く)。以前1Hz以上のPPSが出るGPS搭載のモジュールをここで購入した。

RSオンライン

RSオンライン|電子部品・半導体の通販/販売サイト

Raspberry Piの国内正規代理店がRSコンポーネンツなのだが、業務で使うものが中心で、Raspberry Piってやつをはじめてみようかな!という層には敷居が高いと思われる。だからなのか、下記のようなショップがある。

Raspberry Pi Shop by KSY

姉に教えてもらった。Raspberry PiのRS正規代理店らしい。5,000円以上送料無料。正規の安心感はある。

モノタロウ

プロが使う工具や消耗品を業務用激安価格で買える IHC.MonotaRO インターネットホームセンター

工具と言わず工場で使いそうなやつはたいがい揃う。法人・個人事業主向けなのだが、個人向けもやっているらしいことを最近知った。工具も何かと使うからなぁ。

工具通販 MonotaRO(モノタロウ) 現場を支えるネットストア

こっちは業者向け。しれっとCOSELの電源とかも売っていて助かったことがある。

Strawberry Linux

ストロベリー・リナックス – Exciting Electronics

流行りの美味しそうな名前だが2003年からやっているらしい。おお、流行の先取り……。モジュールが豊富。見ていると楽しい。使ったことはないのだが、一応個人でも代引きなら利用できそうな感じ。

海外の業者

こっちが本場感あるのだが、やはり個人輸入となるとハードルが高いし、スイッチサイエンスさんがお値頃で仕入れてくれていることも多い。サイトを見ているだけでも楽しい。

それでもAmazon

みんなだいすきAmazon。基本的な工具揃えたり消耗品買ったり。ただ、電子部品(特にモジュール類)はなぜか怪しい業者が蔓延っているような…。特に製品名に関係ありそうなものを片っ端から入れました、みたいなのは要注意かと。

でもやっぱり便利。Amazonアカウントが使えるのは強い。届いた製品がおかしかったらAmazonパワーで返却してくれるし、Amazonという安心感はすごい。ちょっと割高だなーと思っても、Amazonから買える安心感には価値がある、かも。ニッチなコネクタが期限までに届く最後の希望になったことも。。。

とりあえず全部覗くとよい

なにか電子部品がほしいと思ったら、一つだけの店だけでなく、とりあえず知っているお店は全部周ると、安いところがあったり、そのものズバリじゃないけれど似たようなのでいいのがあったり、その過程でもっと良いものがあることを知ることができたり、おっ!と思ったら法人以外お断りだったりなんだり。

送料かかっても、電車で行くより絶対安いし、田舎住まいだったら通販は本当に有り難い。リアル店舗のように手に取れないのは残念だけれど、その場でスペックも確認できるし、検索すれば使った人の体験談も出てくるし……。そういうの、見ているだけでも楽しいよね。

関連コンテンツ

関連記事

Raspberry Pi の記事

電子工作 の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。