Mac mini 2018のメモリを換装して8GB -> 32GBに

昨年末くらいから、メモリの値段が熟れてきている。DDR4の16GBx2が3万円足らずで購入できる状態だ。Mac mini 2018の新型発売して間もなくのPayPay祭りといい、神様が私にMacを買い替え、メモリを換装させようとしているに違いない。完全に流れがきている。

ということで、メモリを換装した。4GBx2=8GBから16GBx2=32GBになり、ぼくのMac miniがさいきょうになった。

目次

絶好の流れ

ここ最近、SSDやメモリの価格が熟れてきた。しばらくぶりの、自作派にとって嬉しい流れだ。自分はもはや自作PCをしようとは思わないけれど、それでもPCパーツが安くなっているのを見ると、わけもなく嬉しくなる。120GB SSDが1,380円、なんて記事がRSSフィードに流れてくると、自分が買うわけでもないのに「やった!」と言いたくなる。

まぁ自作はしないとはいえ、ストレージとメモリくらいは今後も何かと買う機会はあるだろう。ベアボーンキットくらいはそのうち買う日がくるかもしれないし。それに、今はなんといってもMac mini 2018がある。有り難いことに、Mac mini 2018はメモリが換装できるので、あえてCTOせずにメモリの購入機会を窺っていた。まぁ、CTOせずとも8GBはあり、それくらいあれば、多少スワップするものの、特に不便もなく使える。正直換装しなくてもいいくらいかもしれないのだが、そこはそれ、大容量メモリには理屈を超えた浪漫があるのである。

ということで、メモリ16GBx2が3万円を割ってきたし、ぼちぼち使用報告などもあがってきたので、自分も換装することにした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次