AWS Lambdaをデプロイした時のダウンタイム

[最終更新] 2021年1月13日

AWS Lambdaをデプロイした時、ダウンタイムは発生するのかについて。

直接答えとなる記述をドキュメントで見つけることができていないのだが、AWSフォーラムの開発者による回答を見るに、新旧両方のバージョンが動作する時間はあるものの、ダウンタイム自体は理屈のうえではなさそう。

公式フォーラムの回答

AWS Developer Forums: What happens to a running lambda during …」の回答による。そのまま引用する。

In-flight invocations complete, without code changes or interruption, using the version of the function that was in place at the time they began. You can potentially have a function change for asynchronous invocations that experience errors or throttles, because a retry will potentially allow a new version of the function to be hit on the next attempt. While we do not abort in-flight invocations, we will aggressively eliminate copies of the old code; this typically happens within a minute of a function being updated. That means that for up to about 5-6 minutes (the max duration of a function, plus a little bit) you can experience either/both versions in use; after that, you should see only the new(ly deployed) version executing.

AWS Developer Forums: What happens to a running lambda during …

つまりデプロイ中の挙動としては以下のような感じ。

  • 古いバージョンが動作したら、完了までそのバージョンが動作する
    • ただし、エラーとかでリトライが発生すると、今度は新しいバージョンが動くかも
  • 関数の動作時間に加えて5,6分くらいは、新旧両方のバージョンが動くかもね

ということらしい。

いずれにしても、こういうことならばダウンタイム自体は発生しない……と思われる。

リンク

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリーaws

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。