Amazon フレッシュは更新しないことにした

料理できないからAmazonフレッシュのミールキットで一週間弁当に挑戦 – 或る阿呆の記」の記事に書いたとおり、自分はここ一ヶ月、Amazonフレッシュを利用していた。最初の一ヶ月は会費(500円/月)がかからないし、3,000円分のキャンペーンをしていたことが理由である。

便利なものだとは思うが、今の自分には必要ないかなと考え、更新はしなかった。

スポンサーリンク

ミールキットのために

自分がAmazon フレッシュを使い始めた理由は、ミールキットを利用するためである。弁当つくりを始めたいと思ったものの、とにかく料理ができないので、なにかしらきっかけとなるものがほしかったのだ。

実際、Amazonのミールキットは有り難かった。10分程度で、料理らしいものができるのは嬉しい。そりゃまぁ、こんなの繰り返したって本当に料理ができるようにはならないけれど、まず火を使って、食材を調理する、という過程が大事だと思うのだ。今料理ができる人だって、多くは親の手伝いから始めたのではなかろうか。電子工作だって、最初は電子工作キットから始めるものね。

弁当作りは続けた

で、ここ一ヶ月、本当にしんどい時は無理だったけれど(急な仕様変更は本当にやめてほしい。技術がまったくわからない人に、変更には時間がかかるのだということを理解してもらうには、やはりタスク管理をして、その結果を見えるようにすることが……いや、今はその話をする時ではない)、なるべく弁当を作るようにした。続けていれば、周囲もそのように見てくれるもので、これだったら初心者でもできると思うよ、ということをアドバイスしてもらった。

これは非常に有り難くて、というのも、レシピサイトは数あれど、そのほとんどが、今の自分にはレベルが高くてなんのこっちゃわからないのである。プログラミングを始めたばかりの人間が、ネットで調べても、基本的な知識が不足しているために、そこに書かれていることがわからない、というような感じである。

C言語入門、に相当するような本があればいいのにと思うのだが、いや実際あるのだが、それを読んでも「うあー」となってしまう自分は、恐らくPCで言うならば「そもそもブラインドタッチができない。というかマウス操作もおぼつかない」レベルなのだと思われる。

というわけで、周囲のアドバイスと、ミールキットの簡単さのおかげで、なんとか一ヶ月、まぁ自分で良いかなと思う程度には、弁当作りを続けられたのはよかったと思う。

Amazon フレッシュを更新しない理由

で、ミールキットのためにAmazonフレッシュに入会して一ヶ月。もうすぐ無料期間が終わるのだが、これは更新しないことにした。

理由はいくつかある。

  • さすがにもうミールキットはいいかなと思った
    • 種類少なすぎ問題
      • 冷凍めんどすぎ問題
  • 送料無料までの壁、6,000円がつらい
  • 品揃えが微妙
  • というかスーパーが近くにある

ミールキットについては、10種類前後あるのだが、さすがにこれでは少なすぎるというか。しかも似たようなものが多い。なんとなくわかったので、もう、いいかな、と。片栗粉ってすごいね。これを使うと、なんでもトロトロになる。これ使うだけで料理感があるような気がする。

送料については仕方ないことではあるけれど、やはり6,000円は厳しい。2,000円とは言わないが、せめて3,000円、いや、4,000円だったらなぁと思う。6,000円にしようと思うと、色々買い揃えたいものだが、品揃えが微妙なので、使いづらい。

また、一回6,000円なので、せいぜい週に一回が目安になるのだが、すると足の早い食品や、冷蔵系のミールキットは頼みづらい。冷凍系のミールキットって解凍が思った以上に面倒臭くて、それだったら野菜炒めでいいやって思うんだ。そうしてますます、6,000円の壁が高くなる……。

まぁ酒やら紅茶やら、嗜好品を買えばそれなりにはなるのだけれど……それだって、なんでもいいわけじゃないから、品揃えの点でやっぱりなぁ、なんて思うのである。

1回3,000円なら、週に2回くらい頼めるし、そうするとだいぶ使いやすくなるのだけれどなぁ……まぁ難しかろうなぁ……。22-24時の宅配を選べるのは、仕事をする独り身にとってものすごく有り難いことなのだけれど……。

というか、近くにスーパーがある。歩いて3分くらい。24時間開いている。逆に言うと、歩いていける距離にスーパーがなければ、使っていたかもしれない。そういうサービス、ということなのかも。でもAmazonフレッシュのエリアって、今の所、決して広くはないんだよねぇ……。

Amazon フレッシュの対応地域(2018年6月3日現在)

このエリアって、どこでもスーパーあるんじゃないのかしら。まぁ、物流の関係上、難しいんだろうね。でもこのサービスの有り難い地域って、そういう物流から離れたところにある家の気がする。

うーん、あれかな、やっぱり、共働き世帯に向けたサービス、ってことになるのかな。3人以上で、子供もいるけどまだ小さくてお使い頼めないし、みたいな。そういう家なら、嬉しいだろうな。後はやっぱり、外に出るのもしんどい一人暮らしのご老人とか……。

まぁそんなわけで、Amazon フレッシュは更新しないことにした。サービス内容によっては、またやってみるかもしれない。しかし、東京は色々なサービスがあるね。

弁当作りは頑張って続けたい。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。