Fire TV Stick 予約しました

[最終更新] 2016年11月29日

AmazonでfireTVの販売が開始されました。私はAmazonプライム会員なので(無料期間にキャンセルを忘れていたというありがちな阿呆ぶりのために)、Amazonプライムビデオを閲覧することができますから、まぁせっかくここまできたら皿までと思い、安価なのだからと何も考えずに購入しました。

スポンサーリンク

何を期待して買うのか

購入理由は、Amazonプライムビデオをテレビでなるべく快適に利用するため、というのが理由のほぼすべてでしょうか。というか、AppleTV(第二世代)も持っているので、そのほかのYoutube閲覧だとかそういうのはもう間に合っています。そして私はそれらを一切使っていません…まぁ私はそんなものです。というか、家族が使うTVなのに私の個人アカウントでYoutubeを閲覧とか嫌ですよ。そんな私がAmazonプライムビデオを本当に見るのか果たして疑問ではあるのですが…まぁこういうガジェットは使ってみないとわかりませんから…。

というか、Amazonのサービスを使う以外の目的では購入しても仕方ないんじゃないかなと思います。その意味ではChromecastよりAppltTVのほうが近そうですが、その応用範囲はAppleTVに比べると随分…。Amazonって、そういう感じですね。Appleなどは囲い込みの印象が強く実際その通りではあるのですが、iTunes StoreでDRMフリーを推進しまたそれを広めた功績もあります。一方でKindleはDRMを積極的に推進しているように見えます。AmazonはApple以上に独占志向の強い企業なのでしょう。Appleは今でこそiPhoneの超ヒットですっかりスターダムに上り詰めていますが、根っこはいまだ野党気質というか、「使いたくなければ他のを使えばいいだろう?」という感じで、使いたいやつだけ使えばいいという思想が製品から透けて見えます(でなきゃMacBookなんて出せないでしょうし)。まぁ、元々そういう企業ですしね。しかし、Amazonはすべてを支配しようとしているような、なかなか末恐ろしい企業です。しかも現実に使いやすい製品を出してくるのだから…うーん、個人的には惜しいのですが、しかしながらその強烈な独占欲がAmazon(というかジェフ・ベゾス?)をここまで大きくした、という面もありそうですし、なんともなんとも…。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。