HPのProCurve 2510-G でスパニングツリーをONにする

[投稿日] 2015年7月20日
[最終更新] 2016年12月24日

HPはネットワーク機器も出していたんですね。「ProCurve – Wikipedia, the free encyclopedia」によると、2010年からとのことで、ここ数年の話のようです。大掛かりな買収劇も絡んでいるようで、その業界ではけっこうな騒ぎだったのでしょうか。このあたりの事情には疎いのでわかりかねますが、HPとネットワーク機器は個人的にはあまり結びつきません。しかし、なかなか立派なものがある様子。

スポンサーリンク

Procurve 2510G

HPの高機能なL2スイッチであるProcurve 2510Gをいじる機会が得られました。あまりこういった機器を取り扱ったことがなかったので、L2スイッチなのにDHCPでIPアドレスが割り当てられ、VLANが切れることに単純に驚きました。確かにハブ同士をつないでネットワークを構築する昨今、単純なイーサネットの規格では運用は難しいということなのでしょう。

今回、ループを検出し、動的に不必要なポートをブロックするスパニングツリーの機能をコンソールからONにする手順と、その動作確認をメモします。なお、初期設定ではOFFになっています。

ケーブル接続かTelnetでログイン

2510GはDHCPでIPが割り当てられるので、DHCPサーバーに繋がっていればIPアドレスを調べることで、telnetで接続することができます。その場合はtelnetで入ったほうが楽でしょう。IPアドレスを調べるのが難しい場合や、DHCPでIPアドレスが付与されない場合、ケーブル接続が必要です。ケーブルはDB9 – RJ45、つまりいわゆるシリアルとLANケーブルのコネクタのものです。USBしかないPCでは、さらにシリアル-USB変換をしてしまいます。

スパニングツリーの設定

接続後、まずプロンプトを確認します。プロンプトが > の場合、enable コマンドを実行することで、豊富なコマンドが扱える拡張モードになります。その場合、プロンプトが # になります。まぁ、今回の手順では必要なかった気もしますが、enableにしておきます。

で、 setup コマンドを実行し、Spanning Tree Enabledの項目がYesになっていることを確認し、これをEnableに設定します。

> enable  ※既に # になっていれば必要ない
# setup
skitch

これで設定は完了です。

動作確認

これだけでは何なので、わざとループを作って、本当にブロックされるのかどうか確認します。今回、ポート1とポート11でループを作成しました。その状態で、 show spanning-tree コマンドを実行します。

# show spanning-tree

すると、下記のような画面になります。

skitch

ポート11がブロックされているのがわかります。

また、この状態でリブートをかけ、logコマンドでログを取得しました。enable を実行していない場合、log コマンドはログアウトになってしまいますが、その場合は show logging でいけるはずです。

# log

下記のログのとおり、Port11がスパニングツリーでoffにされたまま、オンラインになっていないのがわかります。ここで、STPとはSpanning-Tree Protocolのことです。

log

スパニングツリーをOFFにする場合は、やはりsetupコマンドからSpanning Tree EnabledをNoにすればOKです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。