seleniumのGoogle検索で最初にヒットしたサイトのスクリーンショットを撮る

[最終更新] 2017年12月26日

最近クローラ+スクレイピングの勉強をしている。Web周りはこれまで不勉強だったものだから、非常に苦労している。種々のサイトを見ていると、サイトも色々だなぁと一サイトの管理人として思う。まぁWordPressをテンプレートそのまんまで使っているだけだが、それだけにこのサイトは扱いやすいだろうなと思う。

とはいえ世の中扱いづらいサイトのほうが多いわけで、学ぶべきことは多い。ということで、とりあえずGoogle検索からしてみる。

スポンサーリンク

やりたいこと

自動でGoogle検索で一番最初にヒットしたサイトにアクセスしたい。

調べたところ、python + selenium + PhantomJS がよくあるみたいだ。

pip install selenium
brew install phantomjs

seleniumはブラウザを操作できるソフトで、Chromeとかもスクリプトで自動操作できるようだ。が、ここではPhantomJSなるものを使う。PhantomJSは画面がなくても使えるヘッドレスブラウザというやつで、コマンドラインとの相性が良い。レンダリングエンジンはWebKit。JavaScriptも動くので、モダンなサイトでも使える。

ただ最近はChromeがヘッドレスモードを搭載したようで、それを受けてPhantomJSのメンテナーさんが降りたらしい。今後はそちらを使っていくべきか。まぁでも、とりあえず参考にした書籍がPhantomJSを使っていたので、そのとおりにやってみる。

ソースコード

このサイト名を検索して、トップ画像を撮影してみる。2秒待っているのは、表示のため。

import time
from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.common.keys import Keys

wait_time = 2

class WebScrape:
    def __init__(self):
        self._driver = webdriver.PhantomJS()
        self._driver.set_window_size(800,640)

    def screenshot(self, url):
        self._navigate(url)
        output = 'screenshot.png'
        self._driver.save_screenshot(output)

    def _navigate(self, url):
        self._driver.get(url)
        time.sleep(wait_time)

class GoogleSearch(WebScrape):
    def __init__(self):
        super().__init__()

    def search(self, s):
        self._navigate('https://www.google.co.jp/')
        # check
        assert s in driver.title
        # search
        input_element = self._driver.find_element_by_name('q')
        input_element.send_keys(s)
        input_element.send_keys(Keys.RETURN)
        time.sleep(wait_time)
        # output
        results = []
        [results.append(a.get_attribute('href')) for a in self._driver.find_elements_by_css_selector('h3 > a')]
        return results


if __name__ == '__main__':
    gs = GoogleSearch()
    sites = gs.search('或る阿呆の記')
    ws = WebScrape()
    ws.screenshot(sites[0])

画像を確認して、ちゃんと撮影されていることを確認。

ちなみに画面の遷移は.get(url)ではなく.navigate().to(url)でもいけるようだが、意味はそう変わらないらしい(参考「起動したWebDriverにただページ遷移をさせたい – Qiita」)。

スクリーンショットの一部

もうちょっとちゃんと使っていきたい。

ところで、Google検索自体にはAPIが用意されている(「Custom Search JSON/Atom API  |  Custom Search  |  Google Developers」)。あまり評判芳しくないようだが、本格的にGoogle検索を扱うのであればこのAPIを利用すべきなのだろう。ロボットで色々やりすぎると最悪Googleからbanされてしまうようで、たいへん恐ろしい。

参考

参考にさせていただきました。

特にこの書籍「Python クローリング&スクレイピング」はたいへん勉強になりました。本記事はこの本の5.6節の内容にあたります。良い本です。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。