TwitterのツイートログをEvernote経由でObsidianに落とし込んでいる手順

やりたいことはつまりTwitterのログをObsidianで保存したいということなのだが、なぜEvernoteを経由という無駄っぽいことをしているかと言えば、元々Evernoteでツイートを管理していたからだ。個人的にはもはやEvernoteを使うことはなく、以前のログ置き場にしかなっていない。元々のやり方を踏襲しているのでEvernoteを経由しているだけで、別にEvernoteを経由する意味は本質的にない。

が、さすがに老舗のサービスだけあって、連携したサービスやソフトも多くあるので、それらを使うことで、プログラミングをすることなく、TwitterのログをObsidianに保存するという目的は達成できたので、とりあえず今はそのようにしている。この記事は、その手順のメモである。そのうちにはEvernote部分を取っ払いたい。

ツイエバでTwitter→Evernote

まずTwitter→Evernoteだが、これは「ツイエバ – TwitterのツイートやメンションをEvernoteとEmailへ」のサービスを利用している。

なぜツイエバを使っているのかと言えば、もともとEvernoteに情報を集約させていたからだ。しかし、昨今あまりにもEvernoteが使いづらくなり、先行きも不安しかなく、正直もはやEvernoteを経由する意味はない。

まぁでも、老舗なだけあってなお種々のサービスとの連携があるのは強みかもしれない。

evernote2mdでEvernote→Obsidian

さて、問題はEvernoteからどうやってObsidianにするか。だが、これはつまりEvernoteのノートをいかにしてmarkdown形式に変換するか、という問いに等しい

まずEvernoteのノートをローカルに落とすには、Evernoteのデスクトップアプリで、普通に「エクスポート」を使って.enex形式で落とせば良い。いつの間にか、50個までしかまとめてエクスポートできなくなっていた……そういうことするから、みんな離れていくんやで……。

問題は.enexをどうやって.mdに変換するかだが。

これはGitHubで公開されている「wormi4ok/evernote2md: Convert Evernote .enex files to Markdown」がもっとも楽だと思う。

インストールはREADME.mdにあるとおり、Macなら

brew install evernote2md

でOK。

で、使い方は、以下。

evernote2md <エクスポートした.enex>

これを実行すると、notesディレクトリができていて、その下にmd形式に変換されたノートがある。あとは、これをObsidianのユーザーディレクトリ下に打ち込むだけ。

これでけっこううまいこと変換される。

うん。満足。

着々とEvernoteからの乗り換えが進む

既にメモ用途としてはほとんどObsidianにうつっている。

Web Clipさえも、最近はnoteを使っているが、しかしWeb Clip、なんだかもう使わなくなっちゃったな……。

Evernote、もうダメかもなぁ。昨年末の大改造は大不評だった。みんな、課金体系とかじゃなくて、アプリの安定性や機能に文句を言っていた。僕もそう。

以前はプレミアム会員だったこともあるのだけれどね。。。

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。