算盤やると特殊能力が身につくのだ

昔算盤をやっていました。そこそこ良いところまでいって、なんとか珠算連盟で珠算八段、暗算九段までいきました。十段の壁は超えられなかった。もう指も動かなりましたが、指を動かさない暗算は今でもまぁまぁできます。有効数字六桁(何十万)くらいまでならそこそこ正確に計算できるかなぁという感じです。昔は七桁が限界値。八桁は無理ぽ。

コンピュータ全盛の世の中で、計算だけできたところで仕方ないと思われそうですし、まぁそのとおりなんですが、頭ん中だけでたいがいの計算をできるのは、地味ながら特殊能力として役立つこともあります(ハッタリかましたり 笑)。

実利はもちろんあるのですが、個人的に面白いと思うのは、数字が算盤の珠に見えるようになることです。これによって、計算を図形的にできるようになります。これ、人類が後天的に身に着けられる特殊能力の一つだ、と思うんです。

スポンサーリンク

人気の習い事と聞いて

算盤って、今でも習い事としてそこそこ人気があると聞いてビックリしました。「【2019年最新版】子どもの習い事ランキング、傾向に大きな変化アリ | コエテコ]によると8位で、”習わせたい”ランキングでは5位だって。へー。高度な微積分もスマホで軽くポチッとできる時代、算盤なんてもうみんな忘れていると勝手に思っていました。習字と違って、書道のような芸術性があるわけでもないですし。

人類の生んだ素晴らしい特殊能力

まぁでも、かつて算盤、いえ、珠算と言いましょう。珠算をやっていた身としては、ちょっとうれしくもあります。珠算により培われる計算技術は、人類が後天的に身に着けられる素晴らしい特殊能力の一つだとけっこう真面目に思っているからです。

その特殊能力とは、計算を図形的に行えることです。もう少し具体的に言うと、珠算をやると数字が算盤の玉に見えるようになります。というよりは、数字と算盤の玉が同化して見える、といったほうがいいかな。表現が難しいな。これも一種の共感覚だったりするのかしら。頭の中に算盤を思い浮かべる、といったりしますが、別に頑張って思い浮かべようとしなくても勝手に出てきます。

頭の中の算盤は一生モノ

もう大人になったんで好き勝手言いますが、珠算って、究極的には暗算だと思うんですよ。珠算は指で珠を弾いて計算するわけですが、指で玉を弾く速度には限界があります。なので、手っ取り早く計算速度を上げる方法は、弾く回数を減らすことです。瞬時に暗算をしてあるべき姿を求め、そこに至る最短の回数を弾く。

珠を弾く回数を減らせれば減らせるほど早くなります。極限まで……つまり、0回にまで減らした時、それが暗算と言えましょう。なので、珠算の究極は暗算です。愚見ですが。

実際、まさか2020年に算盤もって歩くわけにもいきませんし、また職場にあるはずもないですし、っていうかカバンにスマホが入っているので、実生活において役に立つことがあるのは、もっぱら暗算です。暗算まで身につけられると、指が動かなくなっても(ってーか練習サボるとすぐに動かなくなります)頭が働く限り暗算の能力は失われないので、一生モノの技術になります

いやまぁ、さすがに多少は落ちますけれど、自分の場合は今でも有効数字六桁くらいまでならそこそこの精度で計算できます。できるんじゃないかな。できないかも 笑。現役のときは、六桁までなら自信アリ、七桁で精度が落ちて、八桁までいくとゴメンナサイ、という感じだった記憶。さすがに一桁落ちたかな。まーでも、一般的にはこれでも十分大したもんでしょう。

僕が持っていた算盤は、もう固くなっちゃって使えたもんじゃないですが、頭の中の算盤は今なお健在なのです。

コンピュータでのアナロジー

僕は今、技術者を名乗る人間なので、コンピュータでたとえてみようと思います。

算盤自体はあくまで仮の計算結果を記録する一時的な記憶装置です。コンピュータで言うならば、算盤というデバイス自体はメモリに過ぎません。一方、人間の頭脳が、CPUに相当します。弾く回数の省略は、命令セットの改善と言えるかもしれません。指の速度はI/Oに結びつきます。

コンピュータの本質は何かとは難しい問題ですが、CPUとメモリであれば、CPUのほうがより本質に近いというのは大方の意見が一致するところかと思います(日本もメモリは今でも強いですが、CPUは完全にやられちゃいましたね)。

つまり、人間の頭脳こそが珠算の本質です。珠算とは人間の頭脳を鍛え、能力を開花させる過程です。

人間最後は身一つですから

人間最後は身一つやないですか。マイナス20度くらいになったら精密機器なんて動きませんし。電源のあるところばかりでもないですし。基地局の電波の届かないところもありますし。

イマドキそんなとこあるかと言われるかもしれませんが、電源がなくて電波が届かなくてマイナス20度以下になるところで長期間仕事してたこともあります。まぁ極限状態の中でいかにして文明の利器を使いこなすかが重要なのですが、最後は身一つ。

神様かなにかわからないけれど、せっかくいただいたこの体、できるだけうまく使ってやりたいやないですか。算盤は人間の能力を開花させるのに役立ちます。だから習い事で算盤やるの、いいと思いますよ。頑張れば8bitマイコンくらいになら瞬間的に勝てますよ。来たるAIとの最終決戦に備えよう。負けました。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。