過労死について…人を殺すのは長時間労働ではなく人間

最近の相次ぐ過労死の報道を見ていると泣きたくなります。過労死は今に始まったことではなく、昔から日本に蔓延る大問題ですから、国民みんながよくよく考えなければいけないことです。ただ、報道で「長時間労働」ばかりがフィーチャーされている点が気にかかります。それは二次的な副産物で、根っこではありません。場末のブログですが、どうしても言いたくなりました。

“過労死について…人を殺すのは長時間労働ではなく人間”の続きを読む

Kindle マンガモデルの所感…Amazonが日本を意識したことに意義が

Kindleからマンガモデルと称したモデルが、日本限定で発売されるようです。といっても、特色としてはストレージ容量が32GBということだけのように思えます。私の考えは「電子書籍で漫画を読むなら iPad を使えば間違いない – 或る阿呆の記」から変わりません(iPadはスクショがうるさいのがアレですが)。ただ、Kindleが漫画を意識したことには意義があるかもしれません。

“Kindle マンガモデルの所感…Amazonが日本を意識したことに意義が”の続きを読む

なかなかhttps対応のモチベーションが上がらない

最近、会社のサイトをhttpsに対応させました。もちろん私の本職ではありませんが、零細企業なので一人で色々やらねばなりません。思っていたよりも簡単にできたので、当サイトもhttps対応しようかとも思うのですが、どうにも面倒で、なかなかモチベーションがあがりません。

“なかなかhttps対応のモチベーションが上がらない”の続きを読む

iPhone 7は買わずにもうしばらくXperia Z3で粘ろうか

早くとも来年だろうと思われていたSuicaに早速対応し、さらに防水防塵、256GBなど穴を埋めて、驚きは少ないながらよくまとめてきたiPhone 7、購入意欲があったのですが、最近iOS 10にアップデートしたiPad Air 2の、さらに大きくなったパシャアア!という耳を劈くスクショ音が私の目を覚ましました

うーん、今のXperia Z3も、細かな不満はあるけれど、大きな不満があるでもなし、少なくともスクショ音は鳴らないし、もう少しこのまま粘るかどうか、悩み中です。

“iPhone 7は買わずにもうしばらくXperia Z3で粘ろうか”の続きを読む

Withings Activitéの時刻がずれると思ったら針がずれていた

私はWithingsの活動量計機能付腕時計、Activitéを使っています。ここしばらく、時計がずっと2,3分遅れていました。電池切れがあるとそういう症状になるので、もうバッテリー切れか?と電池を交換するも改善せず。調べてみると、分針がずれていました。そして数日後、今度は時針がずれていました。

“Withings Activitéの時刻がずれると思ったら針がずれていた”の続きを読む

とにかくRaspberry Piにpython3 + numpy + matplotlibをインストールする(pyenv使用)

表題どおり、Raspberry Piにpython3、numpy、matplotlibをインストールすることを目的とした記事です。OSはRaspbian(GUIなし)。バージョン管理するわけではないのですが、既存のpython2との兼ね合いもあり、pyenvを使います。

“とにかくRaspberry Piにpython3 + numpy + matplotlibをインストールする(pyenv使用)”の続きを読む

iOS 10のシャッター音がいくらなんでも大きすぎてiPhone購入を躊躇うレベル

(2016/12/18追記)iOS 10.2になり、シャッター音が小さくなりました。また、スクリーンショットは無音化させることができるようになりました。さすがにAppleもでかすぎると思ったようです。

先日、私のiPad Air 2をiOS 10にアップグレードしました。まぁ特に変わらないなと思いながら使っていたら、スクリーンショットの音が大きすぎて、夜自室で一人びっくりしました。ただでさえ大きかったシャッター音がさらに大きくなっていて、もはや騒音レベル。iPhone 7を購入する予定でしたが、それを躊躇うレベルで大きすぎます。本当に防犯の役割を果たしているかも非常に疑わしい昨今、さすがにそろそろ見直すべきではないでしょうか。

“iOS 10のシャッター音がいくらなんでも大きすぎてiPhone購入を躊躇うレベル”の続きを読む

Chromebookの難しい使いドコロ

久しぶりにChromebookを動かしています。この記事はまさにChromebookで書いているものです。たまに使うと、それなりに使いやすく、なかなかよいなとも思うのですが、では普段使っているかというと、あまり使っていません。そもそも開発作業もする私にChromebookはメインノートとしては力不足であり、またセカンドノートも必要ない人間なのだということがわかりました。

“Chromebookの難しい使いドコロ”の続きを読む

日本語版ウィキペディアのトップ10で脱力

Wikipediaといえばおっさんです。Wikipediaは広告無しとはどういうことかを見せつけてくれます。それでも鬱陶しいだけでやっていけているのだから、一つの在り方ではあるのでしょうね。

そして今日もまた、Wikipediaからメールが届きました。「私から送る最後のメール」らしいのですが、ファイナルファンタジー的な最後でしょうか。そしてそこに書かれている、日本語版ウィキペディアでよまれた記事トップ10を見て、脱力です。

“日本語版ウィキペディアのトップ10で脱力”の続きを読む

会社のメールサーバーをGoogle AppsのGmail独自ドメイン運用に乗り換え

私の勤め先は社員数人の零細企業です。最近メールサーバーをお名前.comのレンタルサーバーからGmailに乗り換えました。メールサーバーを止めた(というよりDNS設定後にGmailの設定が完了するまでの)時間は20分弱でした。会社のアドレスでGmailが使えるというのは、良いものですね。Googleの各種サービスも利用できますし。

“会社のメールサーバーをGoogle AppsのGmail独自ドメイン運用に乗り換え”の続きを読む