Kindle Fire 7 タブレットを購入。想像以上に使い勝手が良い

先日、Kindle Fire 7タブレットを購入した。目的は読書用である。他にKindle PaperwhiteやiPadなども持っているが、安価で読書専用に使えるタブレット端末もあったほうがよいと考え、Kindle Fire 7を買った。また板が増えてしまった。いざ使ってみると、想像以上に使い勝手がよく、5,000円程度で手に入る代物とは思えない。

“Kindle Fire 7 タブレットを購入。想像以上に使い勝手が良い” の続きを読む

結局Parallels Desktopのアップグレードは見送った

現在Parallels Desktop 10を持っている。最後かもしれないアップグレードのセールチャンスが先日あったが(25%OFF)(参考「Parallels Desktopを買うタイミングが悩ましい」)、結局アップグレードしなかった。金銭的な問題というより、OSをアップグレードさせる気が当面しないことと、Windowsを使い続けないといけないのか?という自問自答の末だったように思う。

“結局Parallels Desktopのアップグレードは見送った” の続きを読む

Parallels Desktopを買うタイミングが悩ましい

Parallels DesktopはMacユーザー御用達の仮想化ソフトである。通常版は8500円、アップグレード版は5300円だが、しょっちゅうセールしているので、その時を狙って買うのが経済的に優しい。ちょうど今も、11周年バースデーセールで25%OFF。素数の年を祝うのは珍しいが、要はセールの口実になればなんでもよいのだろう。したがって、今は年に何度か訪れる買い時の一つだ。しかしそろそろバージョンアップも行われるだろうしなどと思うと、中々悩ましい。Windowsを動かすことは多くはないしなぁ。

(追記)結局見送った「結局Parallels Desktopのアップグレードは見送った

“Parallels Desktopを買うタイミングが悩ましい” の続きを読む

WithingsのActivité、二年間で電池交換4回、謎のトラブルも

WithingsのActivitéを使っている。アナログ時計にしか見えないのに、実はBLE搭載のスマートウォッチというところが気に入った。使い始めてちょうど2年ほど。つい先日、時計が止まっていたと思ったら電池交換の時期だった。これで四度目。八ヶ月の電池持ちの触れ込みなので、ちょっと多いが、これは(恐らく)システム的なトラブルを電池切れと誤認したケースが混じっているから。時計として安定しているとは言い難い。

“WithingsのActivité、二年間で電池交換4回、謎のトラブルも” の続きを読む

Raspberry Piでも使いやすいGPSモジュールNEO6Mの基板で10-100kHzのPPS信号

久しぶりにRaspberry Piをいじっている。今までRaspberry PiでGPSを使うときはAdafruitのUltimate GPSを使っていたのだが、これだとPPS信号が1Hzしか出せない。が、色々調べているとu-bloxシリーズのGPSならば、安価な上に1Hz以外のPPS信号を知り、今回実際に使ってみて、10kHzと100kHzを確認した。

“Raspberry Piでも使いやすいGPSモジュールNEO6Mの基板で10-100kHzのPPS信号” の続きを読む

1-Click注文を実現するAmazonの素晴らしいサービス

昨日「1-Click注文でKindle本を誤注文したら慌てず騒がずカスタマーサービスに連絡、返品」という記事を投稿した。これは誤注文時の対応を書いたハウツー記事なのだが、本当に言いたかったことはこのAmazonのサポート体制は実に素晴らしいなぁということだった。この体制こそAmazonの強み。一朝一夕で真似できるものではない。1-Click注文の特許切れなどというのはもはや瑣末な問題だと思う。

“1-Click注文を実現するAmazonの素晴らしいサービス” の続きを読む

1-Click注文でKindle本を誤注文したら慌てず騒がずカスタマーサービスに連絡、返品

Kindle本を1-Click注文で誤注文してしまった。いつかやると思っていたが…。誤注文した時は、慌てず騒がずカスタマーサービスに連絡。チャットで迅速に対応してもらえる。この素晴らしいサポート体制こそAmazon最大の強みだと思う。

“1-Click注文でKindle本を誤注文したら慌てず騒がずカスタマーサービスに連絡、返品” の続きを読む

WWDC2017雑感:ハードもソフトも

年に一度のお祭WWDCが終わった。3年放置のminiがやっぱりスルーなのは規定事項として、ハードウェアが全般刷新。一番の大物はiMac Proだろうが、影響が大きいのは他Macのマイナーアップデートだろう。ソフトの発表も割と盛りだくさんで、なんのかんのいって去年のリズムに乗れないWWDCよりだいぶよかったのではなかろうか(「WWDC 2016雑感:macOSに名称変更。リズムに乗れない会場になんとなく安心」)。

“WWDC2017雑感:ハードもソフトも” の続きを読む

スイッチサイエンスPCBでガーバーデータがプレビューされないと思ったら隠しファイルのせいだった

表題どおり。スイッチサイエンスの基板製造サービスにて、ガーバーデータをzipで固めたものをアップロードしたところ、プレビューされないし、注文すると弾かれる。小一時間悩んだ末、OSが作る隠しファイルが原因だったという話。

“スイッチサイエンスPCBでガーバーデータがプレビューされないと思ったら隠しファイルのせいだった” の続きを読む

KiCad 4.0.6でSW_PUSHのシンボルがすぐに見つけられなかったメモ

最近、プリント基板を楽に作りたくて、PCB CADに手を出し始めた。オープンソースのKiCadを使うことにしたのだが、サンプル回路でよく見るプッシュスイッチSW_PUSHのシンボルが、すぐに見つけられなかったのでメモ。deviceライブラリになかった…。

“KiCad 4.0.6でSW_PUSHのシンボルがすぐに見つけられなかったメモ” の続きを読む