iPhoneからXperia Z3に乗り換え、快適

これまで散々白ロムは嫌だ純粋なSIMロックフリーが良いと書き続けてきましたが、なんだかんだで結局白ロムのXperia Z3を買ってしまいました。私はこれまでiPhone 5を使ってきていて、iPhone 5自体には特に不満もなかったのですが、なんといっても高騰する通信費、これを真っ正直に払うのはいかにも阿呆らしい。ということで、SIMロックフリーを、と思ったものの、日本国内で正規に流通している端末といえば、HuaweiやASUSのZenFone 5。これらの端末は価格も3万程度、スペックもそこそこで悪くはない、悪くはないのですが、そこはオタクな私、スマホはできるだけ良い物を使いたい。しかしiPhoneのSIMロックフリー版はいつのまにやら販売停止しているし、そもそも流石に高すぎる…そこへいくとSonyのXperia Z3は、白ロム市場での2015年3月現在の相場は5万弱で最新のiPhoneに引けをとらない機能を有しています。まぁもちろんOSの違いという大きすぎる違いはあるのですが、昨今Androidも随分と熟れてきたとききますし、そろそろAndroidをまた使ってみたくもありました。

そんなわけでXperia Z3を買いました。Amazonのマーケット・プレイスで購入、だいたい5万円。驚くほどすぐ届きました。回線はiijimoの一番安い1000円のSMS付きのもの。現在使い始めて3,4日といったところですが、これがなかなかよい。なんといっても防水は大きい。まだ使っていませんが、おサイフケータイ機能も嬉しい(せっかくの白ロムですしね)。AndroidはiOSよりは緩々なためか、iOSだと同期中などでまだ動いて欲しいのにアプリはすぐに止まっていましたが、Androidではそういった心配がないのが嬉しい。個人的には一番喜ばしかったのが、愛用しているEvernote Foodの写真が、Android版だとすぐに表示されたことです。これがiOS版だと、なぜか読み込みに異常に時間がかかる。また同期中他のアプリにうつるとすぐ同期が停止されたりと、余計なおせっかいが不便でした。そういったことがない。音楽の同期には少し苦労していますが、多少の有料アプリを使えばまずまずiPhoneと同じようにうまく同期させることができそうです。microSDで128GBのものが使用できるので、私の持っているすべての音楽を同期できて嬉しい。

iOSにしかないアプリも多数ありますし、iPhone自体に特に不満というほどのものもなかったのですが、Xperia Z3もなかなかのもので、今のところたいへん満足しています。やはり洗練さとなるとiOSのほうが優れているかもしれませんが、雑多故な便利さのようなものがAndroidにはあり、部屋を散らかし気味に最適化する自分にはこちらのほうが性に合っているかなとも思います。しかし、やはりちょっと大きいかもしれません。スマートフォンとしては、5インチが最大サイズですね。iPhone プラスの5.5インチ、果たしてどんなものなのでしょうか。そういえばZenFone 5の新型も5.5インチだとか。私のようなポケット族でしかも手が小さい人間には、ちょっと厳しい流れですねぇ。

SIMフリーのiPhoneがAppleストアで販売停止?

Apple StoreでiPhoneが買えない

昨日「ガラパゴスを超えてSIMフリーのおサイフケータイを希望する : 或る阿呆の記」という記事を書き、迷ったらiPhoneにすればよいというのは大きいと書いたのですが、最近RSSで購読している記事を見ていたら、なんと現在注文できない状態になっているようですね…。一応Apple Storeのラインナップにはあるのですが、お取り扱いできないとのこと。その状態がここしばらくずっと続いています。

色々な憶測が流れているようです。キャリアの圧力のためだとか、今日本は円安だから外国からすると安くiPhoneを購入できる国で、転売屋の供給源になっているからだとか、単に数を中国に回したいのだろうとか。いずれもありそうではあるものの確証を得るには至りませんが、現在SIMフリーのiPhoneが正規に手に入れられない状況であることは事実です。オークション等では価格が高騰しているとも聞きます。

SIMフリー端末について調べていると、全バンド対応のハイエンドというiPhoneの特殊性は際立つものであり、また素晴らしいものですから、日本国内での販売再開を祈りたいところです。結果として値上げになったとしても、恐らくまとめサイトなどではApple叩きが横行するかもしれませんが、円安は今の日本の国策ですから為替のレートに則っている限りは致し方ないことであり、最終的には大方の理解を得られるでしょう。

この間隙をついて、SONYあたりはXperiaを日本で使いづらいグローバル版ではなく、全バンド対応のSIMフリー版を出せば、いくらかのシェアをAppleから奪えると思うのですが、国内の大手メーカーにはもう期待してはいけないのでしょうか。Xperiaは個人的にはたいへん素晴らしい端末だと思いますし、白ロムでの購入も検討しているくらいですが、やはりできればそういう怪しげなものではなく正規のルートで購入したいものです。

ガラパゴスを超えてSIMフリーのおサイフケータイを希望する

私は次にスマホを買う時は、SIMフリーのものにしようと考えています。キャリア紐付けのものが嫌な理由はいくつかあり、高額で縛り付きのデータプラン、悪さしかしないプリインアプリ(アップデートの足かせ!)、あまりカッコよくないロゴ等ですが、何よりキャリアありきの売り方というのに違和感を感じます。

“ガラパゴスを超えてSIMフリーのおサイフケータイを希望する” の続きを読む

Chromebookが日本でも個人向けに発売開始

Chromebookが日本でも個人向けに販売

ついに日本でもChromebookが個人向けに販売されるようになりました。「Google Japan Blog: Chromebook がどなたでも利用いただけるようになります」を見ると、DellとAcerからそれぞれ11インチのノートPCが出ているようです。価格は概ね3万円台といったところでしょうか。今後さらに価格競争がされて2万円台にはなりそうに思えます。パフォーマンスを考えると、たいへんお値ごろでしょう。

“Chromebookが日本でも個人向けに発売開始” の続きを読む

WindowsアプリのGenymotionでAndroid 4.3を動かす

Androidを動かしたいけれど端末が手に入らない

やってみたいAndroidのゲームがありまして、しかし私の手元にはAndroid端末がありません。あるのは今はもう動かないNexus 7(2012)ならありますが…動く端末がない。安いタブレットでも買えばよいのかもしれませんが(今なんて旧Nexus 7は1万円もせずに購入できます)、私は現在そのようなハイテク機器を購入できる環境にありません…。どうしたものかと考えていて思い出したのが、WindowsでAndroidを動かすアプリが以前話題を呼んでいたなということでした。一手間ふた手間かかる割に得るものは少なそうで、あまり気乗りはしませんでしたが、一度やってみようかと思い導入することにしました。

“WindowsアプリのGenymotionでAndroid 4.3を動かす” の続きを読む

ASUS ZenFone 5は非常にバランスがよさそう

次のスマートフォン

私は現在iPhone 5を利用していますが、これはSoftbankのSIMロックがかかった機体ですので、次はSIMフリーのスマートフォンが欲しいと考えています。MVNO(もう少しポピュラーな名前はないものでしょうか)のほうが経済的であるし、キャリアに縛られないということそのものが、思想的に正しいように思えるからです。

iPhone 5の次となれば、素直に考えればiPhone 6です。iPhone 6はもちろん魅力的なハードではありますが、やはりどうしても値段が高い。先日「高性能タブレットで何をすればよいのだろう : 或る阿呆の記」という記事で、性能の高いタブレットを買ったところでその用途となると現在の私には宝の持ち腐れになりそうだ、くらいのことを書きましたが、それはスマートフォンでも言えます…というより、スマートフォンのほうがタブレットよりもより簡単なことしかしないので、この問題は顕著です。

“ASUS ZenFone 5は非常にバランスがよさそう” の続きを読む

iTunes 12もやっぱりジャンル名を勝手に日本語にする。勝手にローカライズ問題は続く

最初に。環境はOSX 10.9.5です。

ああ、やってしまった。つい全部アップデートしまった。問題が出尽くして解決策がある程度出されるまで待とうと思っていたのに…やってしまいました、iTunesのアップデート…。iTunes 12にしてしまいました。ああ、もう、もう…。

追記:本記事ではLocalizable.stringsの書き換えで対応していますが、High Sierraでエラーが出たそうです。多分SIPのせいです。一応対応策を書いておきます→「High SierraでiTunesのLocalizable.stringsをmv(リネーム)しようとしてoperation not permittedと怒られた場合の対応 – 或る阿呆の記」。

“iTunes 12もやっぱりジャンル名を勝手に日本語にする。勝手にローカライズ問題は続く” の続きを読む

高性能タブレットで何をすればよいのだろう

いつの間にかAppleに囲い込まれた私は、気がつけばMacにiPhone、iPadを取り揃えていました。非常に満足しているのですが、いまだソフトウェアエンジニアの道を諦められない私は、Appleの用意してくれた快適なリゾートで暮らすばかりでよいのだろうかと思うこともあります。まぁ、せめてAndroid端末の一つくらいはもっておいてもよいだろう、と思うのですが、そうは言っても決して裕福ではない私、さしたる目的もなしにガジェットの購入は気が進みません。我が身を振り返り、自分がスマートフォンやタブレットで何をしているか考えてみました。すると、まったく大したことはしていないなと思うし、それ以上のことをしたいとも特に考えてはいない自分が浮き彫りになりました。

私はスマートフォンとタブレットを間違いなく活用しています。けれども、その活用といえば、地図を見たり、電子書籍を読んだり、ネットをしたり、メールをしたり、SNSをしたり、音楽を聞いたり、ゲームをしたり、といった程度です。それ以上のことはしませんし、したいとも思いません。これがPCであれば、重い処理を行うことはたびたびありますから、より高い性能のものを…と思うのですが、さてこれがタブレットとなると、どうでしょう。既に安価で売られているもので、必要十分ではないか、と思います。たとえばSonyのXperia Z ultraなどはSIMフリーの6.4インチ端末が32,000円というたいへん熟れた値段で売られていますが、これにしても私の用途では過剰投資とさえ言えるかもしれません。まして最近発売されたNexus 6など言わずもがな、です。

スマートフォンやタブレットとはその程度のものなのだろうか、と悩みます。と、そこで、最近私の持つ第3世代で処理が追いつかなかったことがあるのを思い出しました。仕事で使っているとある時系列データを、Webアプリで簡単にわかりやすくヴィジュアライズできるということで、dygraphというライブラリを用いてグラフ化したのですが、私の第3世代iPadでそのアプリの実行をするのは、やや荷が重いことのようでした。拡大や縮小といったことをすると明らかに処理が追いついていません。JavaScriptですから、処理は主にクライアントの端末で行われるので、これは明らかにマシンのパワー不足です。私がiPadでスペックの不足を痛感したのはこれが初めてかもしれません(PDFの閲覧で、CPUがよくなればもっとサクサク読めるようになるのだろうか、と思ったことはありますが)。

恐らく、単純なホビー用途では既にスマホもタブレットも完成されているのでしょう。最新のゲームを楽しんでいる層は別にしても、そうでなければ旧世代機であってもまずスペックで困ることはないはず。しかしそれ以上のことを求めると、やはりより良い性能のマシンが欲しくなる。そうなると、それは仕事であったり、ホビーであっても何か創作的なことであったり、ということになるでしょう。

そういえば、そろそろ仕事で使えるようなアピールがiPadでもなされるべきじゃないか、という記事を最近読んだ記憶があります。その時は「iPadやタブレット等はホビーで使うべきものでは」と思いましたが、その人もこのような考えのもとに書いたのかもしれません。この新しいマシンを、そろそろ次のステップに進める時が来たのではないか、ということでしょう。

しかし、現在そのためには明らかに足りないものがあります。それはなにか、考えだすとキリがなさそうですが、現にiPad等で仕事や創作的なことをする、というのは考えただけでも不便で仕方ないように思います。その不便さの理由を一つ一つ考え、また便利さに目を向け、新しい何かを、コンピュータ好きとしては目指すべきかもしれません。

なんだか抽象的な話になってしまいましたが、要は、自分で用途を見つけられるなら好きなものを買えばいいし、見つけられそうにないのであれば、旧世代機の安いものを、サイズに注目して買えばよい、というのが今の結論です。何か、私にとっての新しい用途はあるだろうか。

第3世代iPadからiPad Air 2に乗り換えるか悩む

追記:買いました「第三世代iPadからiPad Air 2に買い替えた所感 : 或る阿呆の記

完成度の高いiPad Air 2

第3世代iPadこと新しかったiPadは、iPadがついに念願のRetinaに対応し、これはきたと即注文したら半年後に新型が出たというちょっと悲しい製品です。とはいえ主に電子書籍と、いくつかのゲームくらいにしか使っていない私にとって、これでも実は十分に使えていたりします。ですが、ここにきてiPad Air 2は順当進化を続け、そろそろ買い替えどきが思わせるような完成度になりました。円安が進みお値段もお高い昨今、決定打と言えるほどのものはない中で、買い替えを悩みます。

“第3世代iPadからiPad Air 2に乗り換えるか悩む” の続きを読む

Mac mini 2014発表の雑感、iMac Retinaのインパクト

世間で待っている人はあまりいなかっただろうけれど、一部の人間が待ち続けていたMac miniの新型がついに発表されました。Mac mini 2014、だいたい予想通りのマイナーアップデートです…が。CPUにクアッドコアのモデルがありません
“Mac mini 2014発表の雑感、iMac Retinaのインパクト” の続きを読む