HPのProCurve 2510-G でスパニングツリーをONにする

HPはネットワーク機器も出していたんですね。「ProCurve – Wikipedia, the free encyclopedia」によると、2010年からとのことで、ここ数年の話のようです。大掛かりな買収劇も絡んでいるようで、その業界ではけっこうな騒ぎだったのでしょうか。このあたりの事情には疎いのでわかりかねますが、HPとネットワーク機器は個人的にはあまり結びつきません。しかし、なかなか立派なものがある様子。
“HPのProCurve 2510-G でスパニングツリーをONにする” の続きを読む

スマートフォンの4インチと5インチの使い分けについて

現在私がSIMを入れてモバイルデータ通信端末として利用しているのは5.2インチのSony Xperia Z3です。同時に、前に使っていた4インチのiPhone 5をポケットに入れて持ち歩いています。実質的にはiPod Touchですが。なんだかなぁと思う気持ちもありつつ、この近しい大きさの二つの端末を使い分けているので、その点について書こうと思います。

ズボンのポケットサイズは4インチがいっぱいいっぱい

予想していたことではありますが、やはりズボンのポケットに入れるという観点からいくと、サイズ、重量の観点から4インチ程度が限界なのではないかと思います。4.6インチのXperia Z3 Compactや、4.7インチのiPhone 6がどうかはわかりませんけれど、少なくとも5.2インチのXperia Z3は大きい。Xperia Z3は画面サイズの割に小型で軽量な端末ですから、裸ないし薄いカバーであればポケットに入ることは入るのですが、どうしてもやや突っ張り気味になります。

画面は大きいに越したことはありませんが、それは携帯性とのトレードオフでもあります。スマートフォンは特に携帯性の比重が大きなデバイスです。Xperia Z3は、その大きさからスマートフォンとしては決して取り回しの良いものではありません。いわゆるファブレットに片足を突っ込んでいると思います。最初の頃はポケットに入れていたのですが、気が付くと私のポケットにはいつもiPhone 5が鎮座するようになっていました。

“スマートフォンの4インチと5インチの使い分けについて” の続きを読む

現状の電子書籍サービスは読み放題に行き着かざるを得ない

今日Amazonのプライムデーとかいうプライム会員限定のセールのようです。しかしお試し会員でもよいらしいので、実質的にはかなりの人が参加できるセールで、めぼしいのはあっという間に落とされていました。私もせっかくなのでChromecastのキャンセル待ちに登録しましたけれど、きっと手に入らないでしょう。
“現状の電子書籍サービスは読み放題に行き着かざるを得ない” の続きを読む

最近Magic Trackpadが不調、いつの間にかの値上がりに驚く

Mac miniで使用しているMagic Trackpadが最近不調です。ポインタがぶんぶんと大暴れすることがちょいちょいとあります。しょっちゅうというほどではないですが、それなりに頻繁です。なんだろうなぁと見てみると、裏蓋が少し浮いています。中の構造がどうなっているのかはわかりませんが、いかにも不具合をきたしそうな感じがします。

“最近Magic Trackpadが不調、いつの間にかの値上がりに驚く” の続きを読む

夏はキーボードのお掃除(Happy Hacking Keyboard)

キーボードのお掃除日和

いい天気だったので(?)、しばらく使わずに埃を被っていたHappy Hacking Keyboard(以下HHKB)の掃除をしました。ここのところAppleの無線キーボードを使っていたのですが、気分転換に。

Appleのキーボードは非常に気に入っていて、特にやはりMacで使っていると映えるのですが、やはりせっかく3万円も出して購入したHHKBを眠らせておくのはもったいないような気もします。しかしこのHHKB、購入してから禄に掃除もしていなかったので、随分と汚れてしまっていました。まったく可哀想な状態です。せっかくの高級キーボードがこれではかたなしですから、面倒臭い気分を追いやって、掃除することにしました。
“夏はキーボードのお掃除(Happy Hacking Keyboard)” の続きを読む

第一級陸上無線技術士の試験終了

今日は第一級陸上無線技術士(以下陸一技)の試験二日目でした。といっても、私は科目合格分があるので、試験を受けたのは無線工学Bがある本日だけですが。今回はある程度勉強して臨んだだけあり、感触はまずまずで、マークシートがずれていなければ合格点はとれているはず。

“第一級陸上無線技術士の試験終了” の続きを読む

Livedoorブログで子カテゴリにインデントと – (ハイフン) をつけた

あまりちゃんと使ってこなかったカテゴリ機能を、いい加減少しはまともにしようと思い、整理しています。とりあえずせっかくカテゴリに親子を作れるのだからと、子カテゴリを作りました。しかし、恐らくこれはブログデザインに何を採用しているかによると思うのですが、当ブログが使っているデザインでは、そのままだと子カテゴリと親カテゴリがそのまま並んでしまい、たいへんわかりづらい(下図)。

51

子カテゴリにインデントをつけ、更に行頭に – (ハイフン) をつけることで、親子関係をハッキリさせようと思います。ライブドアのヘルプに参考記事があったので(「カテゴリの親子関係を作る – livedoor Blog ヘルプセンター」)それを参考にし、ブログ設定→カスタムJS→カスタマイズ→CSS タブレットの末尾に、以下のコードを追記しました。

.sidebody.category-child {
padding-left: 12px;
}
.sidebody.category-child:before {
content: "- ";
}

.sidewrapper .side .sidebody.category-child …とするのが記事通りなのですが、.sidewrapperと.sideがよくわからなかったので.sidebory.category-childのみとしました。最初の命令で左に12pxの余白を取るように指示し、次の命令で行頭に – (ハイフン) をつけるように指示しています。結果は以下の様になります。

01

わかりやすくなったのではないでしょうか。まぁ一番大事なのは、どのようにカテゴリを作るかなのですが。

自分のブログを振り返り、また他人の目のつもりで当ブログを見返すと、ハードウェア単位で区分けするのがよいように思えました。また、こうしてカテゴリを分けることで、ああこのブログはこれらの話題が多いんだな、じゃあ次もこのへんで記事を書こうかな、なんていう考えも浮かんだので、カテゴリを考えるのは読者よりむしろブログ管理人にとって有益なことかもしれません。自分のブログがなんたるかを考えるよい機会と言えます。