Chromebook 購入しました

以前から欲しい欲しいと言い続けていたChromebookを、先日ついに購入してしまいました。HPのChromebook G3とかいうもので、スペック自体は特筆すべきところはなく、CPUはCeleronのN2840(デュアルコアで2.16GHz)、ストレージ16GB、メモリ4GB、バッテリーは標準使用で8時間、11インチで1366×768、重さ1.28kgといったところです。

“Chromebook 購入しました” の続きを読む

いくつになっても両親の不和はしんどい

夜勤明けで帰ってから、なにやら様子がおかしいなとは思っていたのですが、どうも両親が喧嘩しているようです。共に還暦を過ぎ、また私も来年には三十路を迎えようとしているのですが、やはり慣れるものではありません。最近はあまり喧嘩もしなくなっており、ようやく落ち着いたかなと思っていたのですが。

“いくつになっても両親の不和はしんどい” の続きを読む

TimeMachineは便利な鬼門

ここしばらく、TimeMachineにずっと悩まされています。バックアップの作成が失敗する、やけに時間がかかる、mdworkerが暴走する、プチフリーズが起きる、といった症状が発生します。TimeMachineを削除して、すべて止めてしまうと、こういった症状のすべてがなくなりますので、TimeMachineが起因となっていることは間違いありません。

“TimeMachineは便利な鬼門” の続きを読む

matplotlib も十分わかりやすく思えてしまう

ぼやきです。

RのスクリプトをPythonに移植しています。このRのスクリプトは、まずデータフレームを作成して、そこからデータをいじったり、グラフを描画したりといったことをしているようでした。しかし、私はこれまでデータフレームらしいデータフレームを取り扱ったことがありません。Pythonではpandasといったライブラリで実装されているようですが、入門者向きと思しき解説記事を見ても、何をしているのか、何がしたいのかはなんとなくわかるものの、その利用の仕方というのがイマイチピンときません。

まずなにかしらを実装してみないことには始まらないのだろうと思いながらも、使える時間は限られているわけです。今回はとにかくデータを解析し、結果をグラフ化できればよかったので、結局データフレームについては後回しにして、x軸とy軸用にそれぞれ配列を取り、別々に管理するという、恐らくはあまりスマートではない方法で実装をしました。まぁそれでも目的は達成できたわけです。

グラフの描画にはpythonの代表的グラフ描画ライブラリであるmatplotlibを使用しましたが、これも調べるとseabornやらggplotやら、色々なラッパーがあるらしく、そういったものを使うのがスマートなのだろうなと思いちょっと調べてみたものの、コマンドの嵐の前にやる気を失ってしまいました。使いこなせれば確かに便利なのでしょうけれど、そのためにも勉強が必要で、しかし私にはまず目の前の目的を達することが第一です。

結局、素のmatplotlibで実装をしました。matplotlibは使いづらいとかわかりづらいとか言われているようですけれど、グラフといえばGnuplotだった私にとっては十分わかりやすく、またプレゼンテーションで人目を引くような凝ったグラフを作りたいわけでもなかったので、ひとまずは十分だったわけです。

目的を達成するスクリプトはこうしてなんとか出来上がるわけですが、色々と調べていると、私が書いているスクリプトはきっとどうにも鈍臭いコードなのでしょう。人の書いたコードを勉強しようにも、なかなか手頃なコードというのも見当たらず、こういう時に技術的な先輩がいればと思います。

不調だったMagicTrackpadがいつのまにか快調

もう数ヶ月前になりますけれど(関係ありませんがこの「数」のニュアンスは人によってどうもまちまちのようですね)、MagicTrackpadが不調でした。ポインタが飛び飛びになることが多々あり、それがあまりにも多く作業に支障をきたしていたので、新たにロジクールのT651というサードパーティのトラックパッドを購入しました。
“不調だったMagicTrackpadがいつのまにか快調” の続きを読む

iOS(iPad) で Androidアプリ

iOSでAndroidアプリを動かしたい、という需要はあまりないような気はしますが、私は時々やりたいなと思うことがあります。しかし現状、スマートな手段がちょっと見当たりません。まぁ、かなり筋悪なことをしようとしているのですから、仕方ない。色々やってみた結果、結局、Mac で Androidエミュレータを起動し、それをリモートデスクトップでiPadから操作するという、たいへんまどろっこしいやり方に落ち着きました。
“iOS(iPad) で Androidアプリ” の続きを読む

ReadyNASでTimeMachineのデータをsshでログインして直接削除

先日、急にTimeMachineが失敗するようになりました。TimeMachineの保存先にはReadyNAS 104を使用しています。どうもTimeMachineは、ネットワークを経由すると不安定な印象です。昔Mac miniをTimeMachineサーバーにして、MacBook Airのバックアップする母艦にしていましたが、この時もエラーが頻発した記憶があります。

原因がすぐ分かればいいな、と思って/var/log/system.logを見てみましたが、まぁよくわかりません。こういう時はサクッと削除して、バックアップを再構築してしまうのが経験的に結局早いです。どうせそんな昔のデータを復元することなんてありませんし、さっさと作りなおしてしまいます。

“ReadyNASでTimeMachineのデータをsshでログインして直接削除” の続きを読む

iPad Pro には頑張って大型タブレット市場を盛り上げてほしい

私は背の小さな人間ですので、座右の銘はスモール・イズ・ビューティフルなのですが、まぁ嘘ですが、UNIXでは是とされる金言もことハードウェアにおいては必ずしも当てはまりません。スマートフォンは大型化する一方で、タブレットはどちらかというと小型化というか、7-8インチくらいが主戦場になっているようですけれど、私はタブレットは10インチ以上が良いと思っています。

“iPad Pro には頑張って大型タブレット市場を盛り上げてほしい” の続きを読む

Airmail 2 から標準のメール.appに帰ってきました

Airmail 2はOSX用のメールクライアントで、安くはありませんが、熟れたUIで使いやすく、個人的には気に入っていました。しかし個人的な問題が二点あります。一つはAPOPに対応していないこと(職場でどうしても必要で…脆弱性が見つかってもう何年もたつのになぁ「IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:脆弱性関連情報取扱い:APOP方式におけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)の注意喚起について」)。まぁこれは仕方ないです。もう一つはちょっと致命的で、どうも日本語の検索に問題があり、正しく検索されません。

“Airmail 2 から標準のメール.appに帰ってきました” の続きを読む