AWS Lambdaのロギングを考える

ロギングをどうするかで困っていた。AWS Lambdaでは、プリント出力したものがCloudWatchに保存されてとても便利なのだが、考えもなしにとりあえずポンポン入れていたところ、確かに情報はあるので追えないことはないんだが、地道に時間にあたりをつけて検索するなど、非常に泥臭い作業が要求され、なにかとつらかった。

APIのコール回数など集計したいという要件も出てきて、重い腰をあげてロギングについて頑張って考えました、という話。

“AWS Lambdaのロギングを考える” の続きを読む

2021年もよろしくお願いします

さすがにもうあけましておめでたくもない時期になってしまいましたが、いまさらながら新年のご挨拶です。

なぜこんなにも遅くなってしまったかというと、年末年始はしんどくてとてもブログ記事を書ける体調ではなかったからです。しょっちゅう体の不調を訴えているような気がしますが、最近特に酷いような気がします。

自分の身体との付き合い方も、本格的に考えないといけない年頃なのだと思います。

“2021年もよろしくお願いします” の続きを読む

Touch Bar廃止は本当なら嬉しすぎる朗報

こんなニュースがありました。

14/16インチMacBook Pro、Touch Bar廃止、MagSafe採用か – iPhone Mania

それってつまり昔のMacBook Airでは?と思いつつあまりにも正しすぎる選択に感涙を禁じえません。ここ10年ばかりのAppleがもたらした画期的らしいインタフェースのほとんどは、自分にはまったく響きませんでした。無理矢理使ってみたけど、やっぱり使えないという評価です。指紋認証搭載とUSB Type-C全振りは素晴らしい判断だったと思いますが。無接点充電は可もなく不可もなし。

“Touch Bar廃止は本当なら嬉しすぎる朗報” の続きを読む

AWS Lambdaをデプロイした時のダウンタイム

AWS Lambdaをデプロイした時、ダウンタイムは発生するのかについて。

直接答えとなる記述をドキュメントで見つけることができていないのだが、AWSフォーラムの開発者による回答を見るに、新旧両方のバージョンが動作する時間はあるものの、ダウンタイム自体は理屈のうえではなさそう。

“AWS Lambdaをデプロイした時のダウンタイム” の続きを読む

Big Techによるトランプ追放運動は、やがてBig Techの規制に繋がるのかもしれない

トランプ追放運動というのは大袈裟かもしれないが、まぁそのように捉えてよいのではないだろうか。ホワイトハウスでの暴動事件に端を発した、Twitterによるトランプ大統領のアカウント凍結からの、さらにその過激な支持者御用達のプラットフォームであるParkerが、Google PlayストアとAppleストアから削除され、Web版さえAmazonのホスティングサービスから利用を停止された。Facebook(とついでにInstagram)もアカウントを停止しており、いわゆるGAFAが揃ってトランプ大統領とその支持者を自身のプラットフォームから弾き出した格好である。

個人的には民間企業に過ぎない彼らにその権利はあると思うが(とはいえプラットフォームには公共性があるとする判断もあるらしいので、法的にはもっと考えることがあるのだろう)、しかし今回のケースは、その力が巨大になりすぎないように法的な規制を加える論理的根拠になるかもしれない、とも思った。

“Big Techによるトランプ追放運動は、やがてBig Techの規制に繋がるのかもしれない” の続きを読む

react-native run-ios したら The following build commands failed:PhaseScriptExecution Start\ Packager と言われてこける

表題のとおり、react-native run-ios したら、The following build commands failed: PhaseScriptExecution Start\ Packager と怒られて先に進めなかった時のメモ。

結論を言うと、使いたいポートがnodeに使われていた。sunproxyadminなるプロセスとかぶっているらしい…killしたらとおった。

“react-native run-ios したら The following build commands failed:PhaseScriptExecution Start\ Packager と言われてこける” の続きを読む

QnQ開発日誌 Firebasde匿名認証機能で誰でも気兼ねなく見られるようにした

https://qnqtree.com/

友人と開発中のFirebaseなWebサービス、QnQの開発日誌です。質問に質問で返す、Q&AならぬQ&Qサービス。どんなサービスかの詳細は「質問に質問で返されるドM向けQ&Qサービス、QnQを公開・開発中です – 或る阿呆の記」。

作って公開したのはいいものの、覚悟していたけれどやっぱり開店休業状態が続き、周囲の人に使ってもらって意見を伺いながら、どうしたらユーザー増えるかなーと試行錯誤中です。で、今まではGoogleまたはTwitterでログインしないと何も見えない状態だったんですが、今回はそういったことをせずに中身を見られる匿名ログインを導入しました。

本記事では、導入の背景と、すったもんだをつらつらと。僕らの週末と引き換えに作られました。

“QnQ開発日誌 Firebasde匿名認証機能で誰でも気兼ねなく見られるようにした” の続きを読む

ブログ歴8年でいまさらクロス投稿を知る

知らなかった。このブログを始めたのが2012年の10月なので、実に8年以上ブログを続けているのだが、クロス投稿という概念を初めて知った。仮にも技術ネタ多めで、恐らく傍からは技術系のブログと目されているのではないかと思うのだが、そんなことも知らなかったのである。やはり僕は阿呆。

“ブログ歴8年でいまさらクロス投稿を知る” の続きを読む

nginx + certbot + Let’s Encrypt で TLSv1.0やTLSv1.1が無効化できない時

TLSv1.0やTLSv1.1は既知の脆弱性があるために、各種ブラウザでも対応が打ち切られています(参考「ついにTLS 1.0/1.1の無効化が決定!影響や確認・対応方法とは? | さくらのSSL」)。なので、もうサーバー側で対応する理由はないわけで、無効化する必要があるのですが、nginxの設定をなんぼいじっても無効化できないと思ったら、certbotでLet’s Encrypt使っている場合そっちの対応もあって半日ハマっていました。

“nginx + certbot + Let’s Encrypt で TLSv1.0やTLSv1.1が無効化できない時” の続きを読む

Node.js 6 + http + Promise で複数のAPIを直列で順次実行する

2020年だが、Node.js 6を使う必要がある、標準モジュールを使わなくてはいけない、という制約下で複数のAPIを順番に実行していく必要がある場合のメモ。まぁ自分用のスニペット。

async / await は使えないのでPromiseで頑張る。async / await 使いたい。つらい。でもJavaScript使えるだけ有り難いといえばそう。

“Node.js 6 + http + Promise で複数のAPIを直列で順次実行する” の続きを読む