[書評] 2時間でわかる図解IoTビジネス入門:IoTという言葉が気になる人向け。本当に2時間かかりません

IoTってよく聞けど何?という人向け

著者:小泉耕二氏(「当社代表 小泉耕二の拙書「2時間でわかる 図解IoTビジネス入門」重版出来 | 株式会社アールジーン|IoTの専門家集団株式会社アールジーン|IoTの専門家集団」)。2016年4月発行と、比較的新しいIoTの解説本です。ターゲットはなんとなくIoTってよく聞くけどなんだろう?という人たちと思います。本当に2時間かかりません。実際にRaspberry Piや小型シングルボードコンピュータにセンサをつけて、これを使ってなんかできんもんだろうかと考えている人だと、各論についてあまり得るところはないかもしれません。本書のモノを作って終わりではいけない、という提言は確かにその通りです。その通りなんです、が、それ、難しいですよね…。実装も難しいし、どういうニーズがあって、何を作るのか、という企画から、なかなか…。

“[書評] 2時間でわかる図解IoTビジネス入門:IoTという言葉が気になる人向け。本当に2時間かかりません”の続きを読む

[書評] デジタルは人間を奪うのか:トイレでスマホをいじっている時にふと感じる違和感をまとめた本

恐らく皆が感じているだろう、デジタル的なものに対する違和感を、あれこれとまとめた本です。本書は2014年の本ですけれど、まぁそれから今に至るまで、取り立てて大きなことは起きていませんので、まぁ問題ないと思います。

“[書評] デジタルは人間を奪うのか:トイレでスマホをいじっている時にふと感じる違和感をまとめた本”の続きを読む

イギリスのEU離脱に思う…イギリスと街の本屋が恐れたもの

平生はあまり政治的な話をしないのですが、今回のイギリスのEU離脱は非常に大きな出来事ですので、私も注目していました。個人的には、9.11クラスの衝撃です。本当に離脱が決まるとは。
“イギリスのEU離脱に思う…イギリスと街の本屋が恐れたもの”の続きを読む

新しいMacまでの先は長そう…Mac mini 2012を持たせなくては

微妙だなぁと思いながら購入したMac mini 2012でしたが、いざ使い出してみると非常に良いマシンで、もう三年半ほど使っています。当時は非常に円高で、本体価格が6万円ほど、メモリ8GB*2が5,000円と今では信じられない価格でした。
“新しいMacまでの先は長そう…Mac mini 2012を持たせなくては”の続きを読む

Kindle Unlimitedの噂について

Kindle Unlimited日本上陸の噂

先日、ついに日本にもKindle Unlimitedが上陸するかという噂が流れました。発端は「【続報】時期尚早だったからか公式の Kindle Unlimited 関連ページが削除されてました (2016.6.20) : Kindleセール情報ブログ「キセブ」」という記事でして(よく調べてるものですね…)、Internetwatchやらが取り上げたので、私も知ることができました。まぁ、現在Amazonの当該ページは削除されているようですけれど、日本上陸の流れがあることは間違いないのでしょう。

“Kindle Unlimitedの噂について”の続きを読む

ドメイン変更後、二ヶ月半ほどでアクセスが以前と同じくらいに

3月末頃に、ようやく独自ドメインを取得しました。ドメインの移行は、本来であればGoogleのツールであるSearch Console(旧ウェブマスターツール)より、Googleにお知らせすることができるのですが、それはドメインの持ち主である場合に限られます。つまり、livedoor.comの持ち主であることが求められるのですが、当然私にはそんな権限はありません。したがって、Googleにドメインの変更を通知することができず、まぁ流れに任せるしかありませんでした。

“ドメイン変更後、二ヶ月半ほどでアクセスが以前と同じくらいに”の続きを読む

[書評] 初めてのディープラーニング:初学者がとりあえずサンプルを動かすまで

話題のディープラーニングを一通り

冬の時代を経て、人工知能が今度こそ実用として定着する日が来たのでしょうか。。。本書は流行りのディープラーニングの入門本です。本書を読んでわかること、できることはだいたい以下。

  • ニューラルネットワークからディープラーニングに至るまでの歴史
  • 画像処理で用いられる特徴点を用いた従来の手法Bag-of-featuresの概要
  • ディープラーニングで行われる処理の概要
  • フレームワークCaffeをとりあえず動かす

話題が絞られている印象で、かつ数式を使わず、あくまで定性的な解説に終始します。したがって、初学者にはわかりよい反面、その実際のところまで踏み込むことはできません。また、Caffeをとりあえず動かすことはできるのですが、それを使って自分のやりたい解析をするところまでは、到底できないでしょう。したがって、本書はディープラーニングの始めの一歩に適しているといえます。

なお、本書でCaffeを動かす環境はLinuxを想定されていますが、Macでもできます。やり方は「Mac OSX 10.11でDeepLearningフレームワークCaffeのサンプルを動かすまで : 或る阿呆の記」に書きました。

“[書評] 初めてのディープラーニング:初学者がとりあえずサンプルを動かすまで”の続きを読む

Android版Chrome 51 タブとアプリの統合廃止

いつぞやから、Android版Chromeでタブとアプリの統合なる機能が実装されました。Chromeのタブの一つ一つをアプリとして扱うよ、的なものです。Google様の言うことだからとなるべく使うようにしていたのに、いつの間にか廃止となりました。

“Android版Chrome 51 タブとアプリの統合廃止”の続きを読む

6年続いている私的Evernoteの使い方

Kinksを聴いていたら8歳の甥っ子に「変な音」呼ばわりされた今日この頃、時代はどんどん変わっていきますね。そんな私がまだ学生の頃でした、Evernote を使い出したのは。まるで自分専用の Google のようなものが手軽に作れるツールに思えて、コレクター的な性向のある私は好んで使ったものです。本記事は、私のEvernoteの使い方の事例です。

“6年続いている私的Evernoteの使い方”の続きを読む

WWDC 2016雑感:macOSに名称変更。リズムに乗れない会場になんとなく安心

昨日疲れて帰ってすぐに寝てしまい、そのために夜中に目が覚めてしまいました。そのままもう一度夢の世界に行ってもよかったのですが、そういえばWWDCが始まる(夜中の2時)と思い、せっかくだからと視聴開始。英語はわかりませんが、リアルタイムで解説してくれている記事もありますし、実況しているところもあるので、まぁそれなりに楽しめます。

翌日寝坊。寝ればよかった。

“WWDC 2016雑感:macOSに名称変更。リズムに乗れない会場になんとなく安心”の続きを読む