LibreOfficeはMS Officeを代替できるか

[投稿日] 2017年2月4日

私はMac用のMS Office 2011のライセンスを持っていますが、今年2017年にサポート期限を迎えるので、LibreOfficeへの移行をここ数ヶ月試みています。その感触をメモします。

スポンサーリンク

環境と用途

私の環境は以下です。

  • MS Office for Mac 2011
  • LibreOffice 5.2
  • MacBook Air 2013, Mac mini 2012
  • OSX 10.11 El Capitan

余談ですが、MacにはVanilla版というApp Store経由でインストールできるものがありますが、どういうわけか非常に不安定なので(恐らくApp Storeの制約のためか)、普通にサイトから最新版をダウンロードして使ったほうがよいです(参考「Mac版LibreOffice Vanillaがやけに不安定…本家は安定 – 或る阿呆の記」)。

用途は以下です。

  • レポートの作成
    • Writer, Calc, Impress
  • 家計簿の作成
  • Googleアナリティクスの結果の解析

DrawとBaseは使っていません(Drawは非常に便利らしいが…)。また、幸いなことにExcelでVBAをガシガシ使うような必要もありません。

ライトな使い方ですが、多くの人はそうだと思います(特にオフィスソフトの乗り換えを検討しているような人は)。

たいがいのことは問題ないが、慣れは必要

ここ数ヶ月LibreOfficeをいじっていて、MS Officeで出来てLibreOfficeで出来なかったことは特にありませんでした。以前はCalcでA:Aのような書き方ができないという、ちょっと悲しい仕様がありましたが、今はできます。

ただし、これできないのか?と思ったことはあります。その後あれこれ調べてみると、出来る。

UIや操作性がMS Officeと異なるが故と言えます。それは慣れの問題です。個人的にはMS OfficeのリボンUIは好きでしたが(少数派?)、リボンUIが好きではないという人ならば、慣れさえすればLibreOfficeのほうがよいと思うかもしれません。

慣れが必要とはいえ、MS Officeもバージョンが変わればUI激変しますしね。Windows版とMac版の統一性のなさも半端ないです。その意味では、LibreOfficeのほうが変化が少ない分、最終的な学習コストは低いかも。もっとも、その学習を最小限にするためのリボンUIなのではとも思うのですが、あまりうまくいっているとは言い難いですしねぇ。。。

あと、Writerの本文のスタイルがデフォルトで標準と違う(「段落」になっている)のは、Wordより良いと思いました。Wordは普通にやると「標準」がデフォルトなので、これをいじると影響が大きい。私はWordの文章スタイルには「本文」を適用するようにしていますが、これはあまり広まっていない印象です。そもそも、Wordでちゃんとスタイルを意識して作成している人、悲しいことに私の身の回りにはあまりいませんが。。。

この「エンジニアのためのWord再入門講座」は良書です。オフィス嫌いの私にWordを使おうという気にさせてくれた本です(それまではTeXで全部やっていました…)。書店に行くと、オフィスソフトは妙な入門本が多いのですが、こういう本こそ広まってほしいと思います。しかしこの表題じゃ中々手にとってもらえまいな。何もエンジニアに限ったことではないと思うのですけれど。

いくつかの問題点

問題点もそれなりにあります。私が気になっているところをいくつか。

やや不安定

MS Officeに比べると、動作は不安定だと思います。唐突にクラッシュすることが頻繁にあるので、こまめに保存しておかないと心臓に悪い。

これはOSの影響もあるでしょうか。私はほとんどMacで作業していますけれど、WindowsやLinuxだとどうなんでしょうね。

とはいえ、クラッシュしてもしっかり復元できます。今までクラッシュしたことは数えるのも阿呆らしいほどですが、復元できなかったことはありません。

重い

MS Officeも決して軽いソフトとは言えませんが、LibreOfficeはさらに重いです。仮にもデスクトップPCで、Core i7 4コア搭載のMac mini 2012ならばさして問題に思うこともありませんが、MacBook Air 2013だと、なかなかカクカクしてくれます。特にImpressとDrawは重い。私がDrawを使っていない理由の一つはコレです。Impressを使わないわけにはいきませんが…。

でも、これもOSの影響あるかもですね。WindowsやLinuxだとそうでもない、のかも。

calcの保存に時間がかかる時

これは多分行数の問題かなと思うのですが、保存にちょっと時間がかかるものがあります。列全体に罫線を引いたりすると怪しい感じ。といっても2,3秒です。10秒待たされるということはないので、許容範囲…ではありますが、Excelだとこういうことはなかったので、気になりました。

MS Officeファイルに書き込んで送り返してって言われると困る

多分最大の問題点です。.xlsxや.pptxを閲覧するだけならあまり問題ないのですが、書き込んで上書き保存すると……まぁ色々変わりますね。レイアウトはまったく保証されません。せめてxが末尾についていなければ(2003以前のフォーマットならば)あまり問題にもならないのですけれど、さすがにもう2017年ですので、なかなか。

そもそもMS Officeを持っている前提にすべきではないと思いますが、仕事で使っていればそうも言ってられません。MS Officeオンラインも互換性についてはボチボチって感じですしねぇ。。。

とはいえ、仕事じゃないなら何が何でも必須ということはないでしょう。仕事であれば、1台くらいMS Officeの入ったマシンを用意して皆で使うことも出来ましょうし、いちいちそんなことしてられないということならば、経費で買って(もらって)ください、ということで。

私は移行します

使っていて思うのは、細かなところでMS Officeは勝手がよいな、と。さすがMSのドル箱、開発リソースが桁違いなだけはあるか。私が使っていないだけで、MS Officeにしかない便利な機能も多いでしょうし、LibreOfficeでもできるけど複雑になる場合などもあるでしょう(Excelでマニアックな関数使っている人など)。そういう人は素直にMS Officeで良いでしょう。

しかし、私含め、そんな人ばかりでもありません。MS Office 2016 Home & Businessは37,584円します。Office Soloなら1万円/年といったところです。自分にとってそれだけの価値があるのか、一考の余地は大いにある、いや、考えるまでもないのではないかな、多くのライトユーザーは!

私はLibreOfficeに移行します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。