スペクトル線幅を周波数差から波長差に換算する

レーザーのスペックにスペクトル線幅があります。1MHzとか狭いやつだと10kHzとか。とあるレーザーでこれを波長差に変換するとフェムトメートルとかそんな単位になると言われ、そんなにと思い、ちょっとちゃんと計算してみることにしました。やってみると案外ひっかかりました。

“スペクトル線幅を周波数差から波長差に換算する”の続きを読む

dB(デシベル)の計算を習得するための練習問題30問

電波を扱う人が避けて通れないのがdB(デシベル)計算です。陸上無線技術士など電波系の資格試験ではもちろん、現場でも測定器の結果を見ながらその場でdBmからWに換算したりします。

dBの計算は、つまり対数の計算です。対数の概念を理解したうえで、dBの計算はちょっと癖があるので、練習の必要があります。ブラインドタッチみたいなものです。一度習得すれば、そうそう忘れません。

ということで、練習問題を30問ほど用意してみました。これがスラスラとできるようになれば、まず問題ないかと思います。

“dB(デシベル)の計算を習得するための練習問題30問”の続きを読む

データシートを読んで学ぶ、光ファイバ超入門

最近、光ファイバを扱うようになりました。右も左も分からないまま、専門用語を聞いては調べ、なんとかやっています。私と同じような人に向けて、実用のための知識とイメージが手っ取り早く身につけられるよう、まとめます。

何を以て実用とするかは難しい問題ですが、現場の人間としては、まずデータシートをざっくりと読めるようになることが第一と考えます。そこで、本記事では、実際にTHOLABSで売られているケーブル「P3-1550A-FC-1 SMパッチケーブル、1460~1620 nm、FC/APCコネクタ、長さ1 m」のデータシートの内容を理解することで、光ファイバの基礎知識を学びます。

“データシートを読んで学ぶ、光ファイバ超入門”の続きを読む

ジャンパワイヤ破損で電圧降下

破損したワイヤ
破損したワイヤ

また、しょうもないことで時間を無駄にしてしまいました。最近必要があって3.3Vから5Vへのロジックレベル変換モジュールを購入したのですが、なんぼやっても3.3Vから昇圧せず、なんだろうなーと思っていたら、ジャンパワイヤが破損。下から調べろ、ですね。。。しかし、0ならともかく微妙に電圧降下…嫌な壊れ方するもんですね。

“ジャンパワイヤ破損で電圧降下”の続きを読む

どうしてRJ45とD-sub 9pinのケーブルがあるんだろう

世の中には色々な規格、コネクタがあるものですが、個人的に謎だなぁと思うのは、RJ45とD-sub 9pinの組み合わせのケーブルです。つまり、片方がLANで片方がシリアル(あるいはVGA端子のほうが一般的か)のもので、Amazonでも売っています…というか、田舎にいるとまず普通に買えないのでAmazon様様です。

“どうしてRJ45とD-sub 9pinのケーブルがあるんだろう”の続きを読む

一台でオシロ、スペアナ、FG他になるTektronicsのMDO3024が素敵だった

ダメ元で言うだけ言った感じだったのですが、職場でTektronicsのMDO3024を買ってもらえてたいへんハッピーです。これはオシロスコープなのですけれど、オプションでスペクトラムアナライザ、ファンクションジェネレータ(以下FG)、ロジックアナライザ、さらにプロトコルアナライザの機能などを付けて、すべて一台で済ませられるという優れものです。

“一台でオシロ、スペアナ、FG他になるTektronicsのMDO3024が素敵だった”の続きを読む