なんだかんだでMacもマウスがあれば便利…Logicool M558 の使用感

[最終更新] 2016年8月31日

私はMacの良さとは、突き詰めるとトラックパッドとUNIXだと思っています。過去には「MacのメリットはトラックパッドとUnix : 或る阿呆の記」)という記事を書いたほどトラックパッドを評価しているのですが、同時にやはりマウスはマウスで便利だとも思っており、Magic Trackpadと併用しています。

スポンサーリンク

マウスのほうが便利なこと

どういうシーンでマウスを利用しているかというと、以下のような感じです。

  1. マウスポインタを細かく制御する必要がある時
  2. 右クリックやドラッグを多用する時
  3. クリックを連打する時

具体的には、CG作業やDTMなどは、トラックパッドよりマウスのほうが作業効率が高い。また、クリックを連打するような作業はルーチンでありがちですが、これもトラックパッドよりマウスのほうが楽。

逆にいうと、それ以外のシーンではトラックパッドのほうが便利だと思います。特に、マウスジェスチャーなんてのがありますが、マウスジェスチャーを使ってやるようなことは、トラックパッドのほうが勝手が良い。つまり、Webブラウジングなどはトラックパッドのほうが圧倒的にやりやすい。ジェスチャーはトラックパッド向きですね。

なので、普段はトラックパッドを利用していますが、要所要所でマウスも併用する、というスタイルです

使用しているマウス

ところで、私が使っているマウスはMagic Mouseではありません。Magic Mouseはなんぼなんでも高すぎます。その割に評判もよろしくないですしねぇ。マウスなんてのは、クリックができればいいんです。ということで、以下のマウス、LogicoolのM558を使用しています。

このマウスの良い所は、Macに最適化されていることです。したがって、相性の心配は少ないですし、またOSがアップデートされてもドライバの更新はされるだろうと思います。これはたいへん良いことです。Macで十分にテストもされているでしょう。また、マウスのスクロールはトラックパッドのスクロールとは逆方向にしたいところですが、標準では両者を別々に設定することが出来ず、対応が面倒です。しかし、このマウスはデフォルトでちゃんとスクロールの方向についても対応がなされています。これが一番有難い。MacでBluetoothマウスを使うのであれば、私はこれをオススメします。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリーMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。