Mac miniでSSD換装後、「復旧システムを復元先ディスクに追加中にエラーが起きました」

[投稿日] 2015年11月10日
[最終更新] 2016年7月31日

思われていたよりも緩やかではありますが、SSDも少しずつ安くなってきました。500GBクラスのSSDを、18000円弱で手に入れました。二年半ほど前に、同じくらいの値段で256GBのSSDを購入したので、やはり随分安くなったといえます。

スポンサーリンク

安くなってはいるのだが

これくらいの値段で、1TBのSSDが手に入るとよいのですが、そもそもSATAの時代が終わりつつあるような気もします。ハードディスクからSSDへのインパクトは大きかったですが、SATAからPCIeへのインパクトはそれほどでもないような…ローカルで完結する作業については、もうあまり速度的には困らない印象です。値段を倍にして0.1秒を0.01秒にするよりも、熟れた値段で大きな容量を手に入れられるほうが有難いですし、そのような人のほうが多いと思いますが、商売的にはあまりうまくないのかもしれません。まぁ、そもそも最近はどんどん拡張性がなくなっていっているのですが…。

Mac mini 2012のストレージを新しいSSDに換装

Mac mini 2012は、今となっては嬉しいストレージやメモリを簡単に自力換装できるマシンです(簡単とは言っても、Mac miniのストレージの換装は初めての人にはやや緊張感のある構造)。昨今iMac Retinaなどが喧しい中ではありますが、モニタのない純粋なデスクトップマシンとして、そして拡張性のあるMacとして、一定の存在感を放っています。私の愛機でもあり、iMacにリプレースしようかとも考えたのですが、問題なく使えていることもあり、必要かどうかもわからないRetinaディスプレイに大枚をはたくよりは、ストレージを大容量のSSDにしたほうが、遥かに安上がりで、遥かに無駄がなく、かつ素晴らしいパフォーマンスを得られるのではないかと思いました。そこで、既に256GBのSSDに換装済でしたが、これをさらに480GBのSSDに置き換えることにしました。

TimeMachineによる復元でトラブル

さて、例によって前置きが長くなりましたが、Mac miniのSSDを換装後、TimeMachineで復元を行ったところ、トラブルが発生したので、そのメモです。具体的には、表題のように「復旧システムを復元先ディスクに追加中にエラーが発生しました」というエラーメッセージが表示され、再起動を促されるのですが、何度再起動しても、結果が変わりません。調べてみると、外付けハードディスクから復元する場合、Mac起動前から接続しているとにそのような状態になることがあるようだ、という情報があり、それではと外付けハードディスクを接続するタイミングを、起動後の復元直前にしたのですが、やはりダメ。

結局、初期状態からの復元を諦め、まずはOSXを新規でインストールすることにしました。そして新規インストール後に、改めてTimeMachineから復元する算段です(移行アシスタントではありません…アレはあまり信用していません)。というわけで、新規インストールが完了した後、Mac miniを再起動し、おなじみのCmd+Rで立ち上げ、改めてTimeMachineから復元を実行したところ、今度はうまくいきました

復元後はなんの問題もなく、快調に使えています。しばらくはSpotlightのインデックスを作成しているのか、mdworkerなるプロセスが暴走まがいに動いていましたが、時間がたつとそれも落ち着きました。SSDの残容量がまだ200GB以上あるなんて、とても嬉しいですね。iMacを買うよりも、良い選択をしたのではないかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。