Macで Personal Blocklist の復活

[投稿日] 2015年8月16日
[最終更新] 2016年7月31日

Personal Blocklistが動かない

私がChromeを利用している大きな理由の一つが、指定のドメインのページを検索結果から弾くことのできる Personal Blocklist です。日本のインターネットはどこで舵取りを間違えたのか、残念なことに同じネタのまとめサイト、同じ内容のコピーサイトが、検索フレーズによっては検索画面に溢れるようになってしまいました。ノイズに埋もれて本当に必要な情報が目に入りづらい。Personal Blocklistはこれを解消する一助となる便利なエクステンションなのですが、それがChromeのアップデートにより機能しなくなっていました。

スポンサーリンク

修正コードとその適用方法(Mac)

有志により早速その修正コードが書かれました。有難いことです。「Personal blocklist | かひわし4v1.memo」に Mac での修正方法が書かれていますが、この方の記事と私の環境では書き換えるスクリプトファイルのパスが違っていたので、メモします。

$ cd ~/Library/Application\ Support/Google/Chrome/
$ find . -name "*content_script.js*"
-> ./Profile 1/Extensions/nolijncfnkgaikbjbdaogikpmpbdcdef/2.6_0/content_script.js
-> ./Profile 1/Extensions/oadboiipflhobonjjffjbfekfjcgkhco/2.3.3_0/content_script.js

この場合、./Profile 1/Extensions/nolijncfnkgaikbjbdaogikpmpbdcdef/2.6_0/content_script.js が当該のスクリプトファイルです。これを Emacs などのテキストエディタで、「[JavaScript] Personal Blocklist Fix – Pastebin.com」にあるコードに上書きします。上書き前に、一応バックアップはとっておきます。

$ cd Profile\ 1/Extensions/nolijncfnkgaikbjbdaogikpmpbdcdef/2.6_0/
$ cp -a content_script.js content_script.js.bak
$ emacs content_script.js

コードを修正して、Chromeを再起動して完了です。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。