間がいいのか悪いのか、Ping-t で LPIC 101 の Ver.4.0 対応

[投稿日] 2015年8月7日

昨日 Ping-tにてLPICの101の試験勉強を始めたという記事を書いたばかりですが、その矢先にPing-tからLPIC 101 のVer. 4.0に対応したというメールが届きました。なるほど、そういえば今年の6月より101の試験範囲が改訂され、バージョンが3.5から4.0になったとのこと。11月までは旧来通りの3.5の試験も並行してなされるようです。資格の取得そのものよりも、自分自信の知識を問うことが私の目的ですから、4.0 を受けるべきでしょう。

と、もちろん理屈で考えればそうなのですが、短い期間とはいえ 3.5 で一応範囲内の問題を総ざらいしていたので、また一から解き直すことになるのか、と思うと少し腰が引けてしまう自分がいることも事実。そうは言っても、理屈は理屈ですから、自分の中の楽したいという本能的欲求は抑えなくてはいけません。だいたい、本当に楽したいなら何もしなければよい。誰に頼まれてやっているわけでもあるまいに。

というわけで、また一から解き直しです。間が良かったのか悪かったのか、間一髪間に合ったのだから間が良かったんだ、と思えるようにしたいところ。

関連コンテンツ

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。